中2生の模試を実施する❢

今日は中2生対象に模試を実施しました。参加者は10名。日曜日にもかかわらず、よく来てくれました^^ たぶん、ほとんどの生徒が親に参加しなさい❢と言われて参加してるんだろうなぁー💧

ちなみに今回の模試は「進研Sテスト」にしました。「進研Ⅴ模試」や「兵庫Ⅴ模試」よりは、やや簡単な問題構成となっています。

中2の3学期なので、今は難しい問題でビビらせるより、生徒たちに自信をつけさせること、志望校判定で入試を意識させることをテーマにしています。

そして、少しづつ負荷をかけながら、行きたい高校に合格できるように、1年かけて指導してまいります❢

中3生は佳境に入りましたが、中2生もそろそろピッチを上げてまいりたいと存じます。

中2生の保護者の皆様、よろしくお願い申し上げますm(__)m

1月4日になりました❢

誠心館の仕事始めは1月4日(火)

さすがに4日は振替希望が多く講師を休ませたり、次の振替日の段取りをしたりしながら、今年も頑張るぞー❢ と段々と気合いが入ってきました^^

あと、年末年始はお休みでしたが、頭の中はやはり誠心館の運営をどうするのか? さらに生徒の為になり、保護者様に喜んでもらうためにはどうしてらいいのか?を日夜、考えていました。

私もサラリーマン時代は、お休み=自分の時間ですが、今は自営業なので、やっぱり仕事が人生そのものであり、すべてに優先しています^^

で、これからやりたいことを少しだけ書くと。。。

小学生の部は人気のパズル道場、プログラミングはそのまま継続ですが、一旦やめていた国語と算数のコースを復活させたいと思います。内容はシンプルそのもので、学校準拠ワークを利用、1対3の個別指導です。あと、宿題メインで毎日通塾できるコースも検討中。

次は人事異動。姉妹塾シードタイムズとの講師のチェンジ。適材適所でスタッフが活躍できる場を提供してまいります^^

それからホームページもかなり古くなってきたので、新しくやり直したいし、やりたいことがてんこ盛り・・・・

ということで、塾長の渡部はますますやる気になっておりますので、保護者の皆様、よろしくお願い申し上げますm(__)m

2021年の授業も終わり・・・

12月28日(火)、誠心館の今年最後の授業です^^ 

今日も講師5人が一生懸命に生徒たちを指導しております❢

ちなみにこの時期の勉強内容は

①冬期講習で追加授業している生徒⇒講習用テキスト

➁通常授業の生徒⇒塾テキスト・学校の宿題・他塾の宿題(笑)

さらに誠心館の場合、他塾併用の生徒もいるので他塾の映像授業がわからない、集合授業だから質問ができない、個別指導なのに解説がわからない(?)という生徒たちがうちの塾を併用してくれています。

誠心館はへんなプライドはないので「できることはやります❢」の便利屋モードでもあり、生徒や保護者の希望と誠心館のやり方がマッチすれば、他塾併用(下請け)でも気持ちよくお受けしております^^

まぁ、それはさておき、来年も生徒たちに勉強のやり方を教える、点数の上げ方を教える、勉強が楽しくなるように指導する、教科・単元に関わらず、どの教材でも、その場で丁寧に解説する便利な塾で在り続けたいと思います。

熱血指導で人気の木村塾さんのやり方からすれば、なんだか甘いと言われそうですが💧、個別指導塾の中ではかなり便利で融通が利く学習塾だと自負しております。

さらに講師も大阪大、神戸大の学生講師がやってるので安心です^^

ということで、明日と明後日は大掃除や事務処理がありますが、大晦日からはお休みです^^

私も束の間のお休みをいただき、来期に向けて英気を養います。

ブログを読んでくださる皆様へ

ブログ歴11年目になりましたが(初期のFC2バージョンは消去💧)、地域の子供たちを元気にする❢をテーマに来年も頑張りますので、応援よろしくお願い申し上げます。 感謝

中2生が入塾してくれました^^

お姉ちゃんに続き、妹さんも入塾してくれることに^^

塾長をしていて一番嬉しいのは兄弟姉妹の入塾です。

妹さんは塾が初めてみたいなので、あまり焦らせずにゆっくり丁寧に指導してまいりたいと存じます。

中3生の時には今より5教科で100点ぐらいアップさせて、志望校に合格できるようにできたらと考えております。

開校11年目、年齢も57歳❢、頭の毛も薄くなりましたが、まだまだ体力はありますし、ご近所の大手塾の若手教室長には負けません^^;

保護者の皆様、よろしくお願いいたしますm(__)m

写真は誠心館の講師陣。

櫻井先生(大阪府立大)5年目、片岡先生(神戸大)4年目、山﨑先生(大阪大)1年目、松村先生(大阪大)1年目、皆、仲良しかつ優秀なメンバーです^^

合格報告が次々と・・・

公募推薦の結果が次々と返ってきている。

前回の投稿の後に、大阪経済大学☓2人、追手門学院大学☓3人、仏教大学☓1人、京都産業大学☓2人、大阪工業大学☓2人、摂南大学☓3人、京都産業大学☓2人、近畿大学☓2人の合格の連絡があった(誠心館とシードタイムズ計)

また、中3生の受験校もだんだんと決まりつつある。

例年のことながら、学習塾は今の時期より佳境となる⚡

生徒や保護者の喜ぶ顔が目に浮かぶ。だけど、その逆も・・・

最後まで塾の役割を邁進いたしますm(__)m

小学生の部について

誠心館と言えば、大阪大、神戸大の学生講師がなんでも教える自由な雰囲気の中学生・高校生の学習塾というイメージが定着しているかと思われます。

ですが、実際は小学生も15人ほどおり、パズル道場やプログラミング他のコースに通ってくれております。

写真は小3生ですが、論語+国語の授業。論語をゆっくり大きな声で音読して意味を知り、その意味を先生と一緒に考える。

さらに文法や作文を先生とマンツーマンで習う。

かなり贅沢な時間だと思います^^ 

うちの塾名は「誠心館」なので、空手の道場みたいな厳しそうなイメージを持つ人もいるらしいですが、実際にはまったくの逆で、講師たちは優しく丁寧にたくさん褒めて育てることをモットーに生徒たちに信頼(尊敬)されることを目指しております。

現在、中高校生は満席ですが、小学生のお席は充分にありますので、ご興味ある方はお気軽に無料体験にお越しくださいませ

保護者懇談をしながら・・・・

11月27日(土)から保護者懇談をやっています❢

ちなみに一般的な塾だと、この時期の懇談は<冬期講習のコマ数>を決める打ち合わせとなるのですが、誠心館は冬期講習はもちろん模試等も参加・不参加は保護者や生徒が決めることにしています。

全体では、3割前後の生徒が冬期講習を受ける感じで残りの7割は冬期講習はパスする感じだと思います ^^

まぁ、ご家庭の考え方や本人のやる気やタイミングもあるので、基本は保護者の要望に沿ってやっております^^

私から冬期講習のコマ数を提案するのは、たぶん3人ぐらい・・・・

保護者・生徒の進路や状況を鑑みて、よっぽど必要だと思った時ぐらいですね。それでも、強制はせずにあくまで提案です。

まぁ、通常授業だけで成績がガンガン伸びるのが理想であり、季節講習はあくまで伸びていない生徒&やる気促進の為のオプションだと考えております。

ちなみに、2学期期末テストの成績が戻ってきていますが、8割以上の生徒がまずまずな感じなので、とりあえずは胸をなでおろしていますが、伸びてない子、下がっている子の対策もしてまいりたいと存じます。

追伸

12月から久しぶりに小学生が入塾してくれます^^

コースはプログラミング(私の長男が担当) 小1からプログラミングやっていたら、かなり賢くなると思います^^ 公文式のやり方もいいとは思いますが、誠心館はパズル道場やプログラミングで、賢い子供を育てたいと思います^^

次々と進路が決まる(高3生)

武庫川女子大建築学部合格

園田女子大学人間健康学部合格

関西労災看護専門学校合格☓2

宝塚市立看護専門学校合格

あとは、近畿大、竜谷大、大阪経大他と続く。さて、彼らも学力的には充分に合格できるところまで仕上がっているが、試験に100%はないので塾長もドキドキである💧

さらに体調や運(問題の種類や単元、倍率、試験方法)も影響するのが<入試>である。

学習塾を始めて11年目。生徒たちと関わりながら、いろんなことを学んだ。

そして、その経験を活かしながら、ご縁のある子供たちの応援団として今後も頑張りたい^^ 

保護者の皆様、どうぞ、よろしくお願いいたしますm(__)m

新しい生徒たち^^

ここ数週間で4名の中学生が入塾してくれた❢

まずは、天王寺川中1年生。以前はお姉さん、お兄さんも来てくれており、3番目の弟くんも、このたび誠心館へ❢ 保護者様にはお知り合いもたくさん紹介してもらってますし、足を向けて寝れません💧 ありがとうございますm(__)m

長尾中1年生。3年生のお兄ちゃんに続いて、妹さんが入塾。やる気満々なので、鉄は熱いうちに打て❢ということで、しっかりサポートしてまいりますm(__)m

長尾中2年生。お母さんが仕事帰りに誠心館を発見したことより、無料体験授業⇒入塾に。 山本や中山寺付近にも学習塾はたくさんあるのに、わざわざ荒牧まで有難うございます❢ 月謝は安いけど、講師のレベルは高いのでご安心ください。

南中1年生。自転車で30分以上という距離にも関わらず、ご縁があったのでしょう。いろいろ準備していますので、ご期待くださいませ。

と言いながら、早くも期末テストが迫っています・・・・

期末が終われば、保護者懇談も・・・

お母さんたちと笑顔で懇談できるように講師を叱咤激励しながら、テストの点数アップに邁進します。

尚、既存生徒のコマ数追加の要望があり、19時~の枠はほぼ満席です💧 現在、約束している生徒分は確保済み。

そして、20時半~の枠は高3生の進路が決まり次第、どんどん抜けていく予定なので余裕があります。もし、よかったらご検討くださいませ。

今回は以上です。ありがとうございました❢

考え方を変えるべきか~💧

先月、定期テストで確実に点数アップするための計画の立て方、やり方、コツを教える勉強会を開催した。参加者は外部の中学生も含めて26名。

5教科420点、450点取る子たちは今まで通りでいいから呼ばずに350点未満、とくに平均点行かない子たちを集めた勉強会だった(もちろん無料)

その日の講師の眼は本気だったし、参加した生徒たちの眼も満足感があったので、次回こそバッチリ行けるぞ⚡と嬉しく思っていた^^

しかし・・・・

そして、テストが終わり、2回目の見直し個人懇談をやってみると・・・

あれっ💧 そもそも一番大事な自分が作成した計画を立てるための用紙を紛失している子が3割ぐらいいるぞ・・・

となれば、結論は

用紙を失くす=計画を立てられない、やるべき項目がわからない⇒大事なことをやっていない⇒テストの点数は今までと変わらない(泣)となる。

勉強参加者のうち9割の生徒との個別見直し懇談が終了したが、簡単にいうと、勉強会の内容をそのままやった子は確実に成績が伸びてるし、勉強会の大事な用紙を失くすような子は成績が下がっている、もしくは横ばい💧

具体的に言えば、300点前後の子が380点ぐらいまで上がるケースもあったが、逆に用紙を失くす子たちは200点⇒200点で横ばいだった。

無料で勉強会や見直しの個別懇談会をすれば、当たり前ながら費用がかさむ。中1生徒の月謝数人分相当だ💧

それでも、生徒たちの喜ぶ顔をみたいからと準備したのに、一部の生徒たちが用紙すら失くすということは、前提条件の「管理能力」又は「やる気」(心構え?)の欠落だと考えられる・・・

ちょっと、ショック・・・

そして、次回のテストで点数を上げるべく項目をまとめた用紙を失くす子はきっと学校の大事な話も聞いてないんだろうなあー。だから、皆が取れる点数も取れないんだと改めて痛感した。

さて、そうは言いながらも塾のお役目は学力アップ⇒テストの点数アップが最優先項目なので、これからもあの手この手が頑張りたい。

まずは大事な用紙も失くしてしまう生徒たちをどうするのか?

ここに尽きる・・・・