講師ミーティング❢

昨日は講師ミーティングを実施した。

とくに新人講師のスキルアップを目的とした内容。

生徒の誉め方や励まし方、出来ていない点をどうやって発見して、どうやって丁寧にわかるように指導するのか? 先輩たちが自分の考えや経験をもとにアドバイスする。

誠心館には数学20点未満の子もいるけど、荒牧中、天中、長尾中の学年1桁の子たちもたくさんいるので学力差も大きいし、何より不登校、保健室直行組から生徒会長まで、とにかく幅広い。

そんな生徒たち一人ひとりの心を汲み取りながら信頼関係を結ぶのは、新人講師には何かと高いハードルでもある。。。。

だけど、逆にやり切れた時の達成感はやった人しか分からないぐらいの嬉しさがあるはず。

塾講は単に方程式を教えるだけでなく、生徒の良きコーチとしての役割も大きい。

新人講師の皆さんへ 最初は誰でも新人です。先輩を見習って、皆で一緒に成長していこう。

塾長は期待しております(^^)

荒牧の気軽に通える塾

中学生は週1回で11800円(税込)

しかも、大学生講師が個別で一人ひとりに丁寧に教えてくれる。

これで、苦手な英語(又は数学)ができるようになってほしい^^

夏期講習も希望者だけでいいし、年3回の保護者懇談も行きたい時だけ行く。

模試も受けたい子だけで受ければいいし、とにかく細かい規則もないし、子供が楽しく塾に通えること。次に勉強のやり方や楽しさがわかることをベースにしている。

なので、誠心館は大人気の某木村塾(笑)みたいな高邁な理念のもと、厳しく子供たちを指導するスタイルではありません。

木村塾さんの素晴らしさは充分に理解しているし、大人気でどこの教室も満員なのもよくわかる。

たまには、うちの生徒の保護者様にも木村塾を勧めたりする。

だけど、私は私の理想・やりたい塾をやっている。その1つが「気軽に通える塾」である。

気軽に通えるの意味は

・生徒の成績は問わない

・生徒への指導は丁寧に

・学費が普通の個別より安い

・季節講習や模試を強制しない

・保護者懇談も来たい人だけ

・辞めたい人はすぐに辞めれる(笑)

・ご機嫌取り(?)の営業電話はしない

まぁ、他にもあるけど、そんな誠心館の方針にピンときた人だけに入塾してほしいと思っております^^

10年振りの対面❢

一本の電話が鳴った。

「もしもし。○○です❢」

(あれっ? どこかで聞いた声。それと、名前だぞ?)

「あの、覚えてますか? 10年ぐらい前にロボット教室でお世話になりました(#^.^#)」

わーーーーっ。懐かしい^^

娘さんは当時、小2の女の子(8歳)だったのに、今は高3生(18歳)だそうだ❢

10年前は目をクリクリさせながら紅一点ながらも一生懸命にロボットを作ってたMさん。眼の周りの面影はバッチリ(笑)。今はなんと野球部のマネジャーをしているそうだ。

で、話をいろいろ聞くと、大学受験なので指導してほしいとのこと。

もちろん大歓迎。

いろいろと話をお伺いしながら、今回は誠心館ではなく、シードタイムズに入塾することに。

現在の成績も大崩れせずに、まずまずのところをキープしているので、直近の模試ではE判定だが、大逆転で本人の希望する関西学院大に合格させると決めた⚡

 

早速、中西さん、谷垣さんを呼んで、彼女向けの計画書を作成させて、とことん応援することを指示する。

研伸館や東進に行かずにうちに来た彼女とお母さんを絶対に期待を裏切りたくない。                    笑顔にさせたい。だから誠心誠意、本気で頑張る^^

ということで、今回もなんだか自分で自分を鼓舞するブログになってしまったが、この仕事はあまり儲からないけど、楽しくてやめられないな~(^^;

 

進研Sテスト、兵庫模試❢

6月4日(土)は中2生対象に進研Sテスト

6月5日(日)は中3生対象に兵庫模試

学習塾のお役目は学力を上げること。そして、上がったかどうかは定期テストの点数なんだけど、学校の中だけでなく、地域全体での学力も定期的に測りたいので塾では模試もやっている。

もちろん、全員強制ではなく希望者のみ。

 

そして、誠心館は学年トップの子から、かなり勉強嫌いな子までをお預かりしており、その子の成績や学力に合わせて、あの手この手でやっている。

その中では、もちろん多岐に渡るドラマがあるわけだが、

ここ最近の実話でいくと、

1年半前は数学30点、半年後50点、1年後65点、1年半後80点(驚)という理想の子もいる。

ちなみに80点まで来たら、基本的に勉強のやり方やコツは理解できてるはずなので、塾がなくてもいい点が取れると思う。

あと誠心館には90点以上とる子たちが一定数いるけど、そんな子たちはさらに応用・発展中心で指導していくし、逆に40点前後の子は基本を繰り返しすることにより、確実に平均点に到達できるように導く。

集合授業ではできないことをするのが、個別指導だと思うし、せっかく個別にするのなら面倒見がいいところの方が喜ばれる。

しかしながら、正直言えば1年以上、お預かりしてるのになかなか伸びていない子もいるにはいるが、実数だと2~3名のみ。そんな場合でも、逃げ隠れせずにお母さんと膝を突き合わせて、今後どうするのかを相談しながら、できる限りの提案もするし、さらに一緒に考える。

最後まで諦めずにやりたい・・・・

保護者様に誠心館に行かせて損した💧と思われたくないし、生徒にも誠心館に良い思い出を持ってほしいし・・・・

 

と、塾長に独り言はさておき、450点取れる子たちはいいとして、6月のテーマはイマイチの伸び悩みしてる子たちが、目の前の壁を乗る超えるためのサポートを重点テーマとする。

講師まとめ役の櫻井先生中心にじわじわとやる⚡

講師の皆さん、準備をしてくださいねー❢

 

子供たちを見守りながら・・・

学校に行けない子もいる。

落ち着きがなく、常にイライラしている子もいる。

大人しくて講師を眼を合わせて会話できない子がいる。

学年トップクラスの子もいるし、学年最下位の子もいる。

さらに尼崎稲園高、県立伊丹高の上位の子たちもいる。

小学2年生から高校3年生まで多岐に渡る生徒たちが誠心館に集まっている^^

また、生徒の数だけ保護者様もいる。

保護者様のうち

2割が子供の将来に不安を抱いている。

2割が子供の将来にわくわくしている。

4割が将来のことは深く考えずに淡々としている。

アンケートを取ったわけじゃないので、保護者懇談や日頃の会話から推測したなんとなくの比率だけど、そんなに的外れではないと思う。

塾のお役目は成績を上げることだけど、さらに違う面を求めている保護者様も案外多い気がする。

できること、できないことがあるけど、塾のキャリアも長くなってきたので、いろいろ相談にのったり、アドバイスもできると思う。最近は進学ではなく就職の相談まで来ることあるし・・・💧

保護者様の皆様

何かありましたら、お気軽に連絡くださいませ。 勉強以外のご相談でも大丈夫です。

 

 

新しく入塾した生徒たち^^

誠心館に来てくれた生徒たちの様子を見ながら思うことを書くと、

➀真面目(素直)、➁やる気がある❢ 尽きる^^

塾側からすると、とても嬉しくていい傾向なのだが、過去のやんちゃな生徒たちを思い出すと、なんだか拍子抜けするぐらいである・・・

さらに、指示をしっかり守って頑張ってくれるのであれば、あとは一人ひとりの成績を最短で上げるためにどんどん指導していくのみ^^

大事に育てて、お母さんたちに喜んでもらいたいですね^^

生徒の成績を伸ばして笑顔にしていきます❢

 

新人講師たちの成長を見ながら・・

 

五月も半ばになりましたね。

新しい講師たちもだんだんと教えるコツや生徒との接し方を掴んできて、普通に教えることに関しては合格点になりました^^

ですが、塾には学力差はもちろんのこと、いろんな性格の生徒たちがおり、不思議なご縁があって誠心館に通っています。

 

明るくて自分から質問できる子、静かでぜんぜん自分の話をしない子

喜怒哀楽が分かりやすい子、何を考えているのか、全く分からない子

素直で先生に従順な子、返事はいいけど、指示に全く従わない子

 

という感じに、いろんな生徒たちがいるので、新しい講師たちは頭をフル回転させて、相手の気持ちを充分に汲んで対応してほしいと思います。気配りの勉強?

そんな小さな経験がコミュニケーション力に繋がり、社会でも活躍できる「人間力」の土台となります。

誠心館講師OBたちは外務省、農林水産省のキャリアから始まって、日本の一流企業に続々と就職していますが、社会で求められている人材には三識(知識・見識・胆識)が重要かなと思います。

小さな学習塾ではありますが、ご縁があって働いてくれる学生講師にはバイト代も他塾より出しますが、いろんな勉強ができる環境も準備してまいります^^

講師の保護者様、大事に育てますので、よろしくお願いいたしますm(__)m

小学生の部のお稽古事❢

ご近所の3つの小学校の校門でチラシを配布することにした。

内容はプログラミングとパズル道場^^

どちらも楽しみながら『思考力』を鍛えるお稽古事。

 

本日も、仲の良い小5と小3の兄弟が入塾してくれた。

お兄ちゃんもプログラミング、弟くんはパズル道場。

2人ともやや緊張気味ですが、きっとすぐに慣れてくれるでしょう。

少人数でじっくり面倒をみることができるコースだから安心して任せられますねー

ご興味ある方はぜひ確かめに無料体験に参加してみてください^^

塾講師を指導する立場として

昨日は久しぶりに塾講師のOBたちが集まってシードタイムズの見学後に飲みにいった^^

そして、楽しい話や昔の話で盛り上がる。

講師は塾の宝であり、卒業したとしても本人たちが望めばずっとお付き合いしたいし、何かあればできる限りの応援もするつもり。

今回会ったメンバーもまた会おう❢と約束をした。

生徒たちが成長していく姿を見るのも楽しいのだが、講師たちの成長はさらに嬉しい。

大学1回生でカチカチだった人間が、多くの人の前で堂々とプレゼンできるように変身していくのは、頼もしくもあり感動すらしますね^^

とくにご縁があって集まった講師たちには、アルバイトしてお金を渡すだけの雇用主というだけでなく、単純な仕事以外にも、いろんな経験をさせることにより、社会に出る前の準備間として有意義な時間となるように工夫しています。

とはいっても、まぁ、これも本人の受け取り方次第だし、そもそもなんとなく塾講を少しだけ体験して、次に進みたいという子には、余分なお節介になるかもしれない・・・・

なので、どんな時も強制とか、無理なお勧めは絶対にしない^^

 

誠心館は11年目で現在、大きな変革期。

分かる人に分かってほしい気分です。 ともに。

小学生のお稽古事として・・・

塾の仕事は面白いんだけど、とくに小学生の生徒が来ると嬉しい^^

もちろん一人ひとりに個性はあるけど、まだ素直で色がついてないところもあるので、毎回たくさん褒めるだけで、眼が生き生きして元気になったり、集中力や我慢強さがついたり・・・と大きな成長を見せてくれる^^

とくに誠心館の生徒の場合は、少人数で自由度が高く、生徒の気持ちを考えながら自主性を重視しているので、やんちゃな子が穏やかになり協調性が高くなったりもする。

義務教育は日本国民の義務として、国民を均一に育てて社会の一員(企業の一員?)となるべくルール(躾け)を学ぶみたいなところがあるけど、私学である塾は学校の補完も大事だけど、せっかくなので生徒の個性やセンスを伸ばす教育をしていきたい。

「プログラミング」では、子供の頭に浮かぶ壮大なストーリーを具現化していく。

単に操作を覚えるだけなら、家でやってもすぐできる(笑)。講師と二人三脚でイメージを膨らませるのが大事。子供たちが持っている得意分野の芽を大切にする。

「パズル道場」では、子供の潜在能力を楽しみながら高める。図形の空間認知や数・量感の感覚を飛躍的に高めていく(そろばんの3倍の威力?)

東京の開成中や麻布中に行く上流階級のご子息がやたらパズル道場をやっているのもよくわかる。

ちなみにうちにいるパズル道場の師匠までいった中学生はセンスを磨き過ぎて、数学は公立中で学年トップ5教科でも1桁になっている⇒成功例。

現在は中3生で明石高専を希望しているので、合格できるように指導したい。滑り止めは尼崎稲園高か宝塚北高にする。どちらも内申点と5教科の点数からいけば100%合格間違いなし。塾も11年やってるので、ハッタリではありません(^^;