中3生は宿題を優先します!

DSC02034
入試まであと半年となった中3生。しかし、今回は宿題の量が半端じゃない。そこで、中3生に限り、宿題を教室で片づける作戦を実行中です。7月中に宿題を9割片づけてから、夏期講習にて入試対策をしてまいります。
悔いのない夏を過ごしてほしいですね☆

本気で英単語を覚える ①

BusinessCardLogo
どうしても英単語を覚えることができない生徒がいました。いろいろ話合いをしながら、少しでも取り組んでもらえるように誘導しておりましたが、いつも逃げ気味。
口癖は『絶対に覚えれないし・・・』
(たしかに簡単な単語も間違えます。schoolやbrotherも書けません)
そこで、先日は本気で叱りました。
私『英単語テストはイヤだ。やりたくない。でも、学校のテストではいい点をとって誉められたい!ってどういうことかな?!やらなくてもできる人も確かにいるけど、〇〇さんはやってもとれないんだよね?』
私『だったら勉強を諦めるって選択もあるけど、そのかわり志望校は絶対に無理。もし志望校に行きたいんだったら、絶対諦めない。そして、1)やり方を変える2)勉強時間を増やす。これしかない』
私『そんなに英単語テストがいやなら、もう先生からはやろうとは言わないから。それとお母さんに報告するよ。英語の勉強したくない。単語のテストもやらないと言ってます。だから授業の回数を減らしましょう。ずっと英語は1ケタでいいと言ってますので』
軽い記憶障害(識字障害)の傾向があるのは承知の上です。トコトンやって無理なら仕方がありません。脳の個性なので他の面を伸ばす方向で考えます。ただ、全力でやらずに最初から『無理』というのはどうでしょうか?多くの勉強会で成功事例が発表されます。書くがダメな子がCDで聴くようにしたら、突然できるようになったとか・・・
私『絶対に覚えるんだ!と先に決めないと覚えることはできないよ。やっても無理だと思いながら、単語を覚えるなんて不可能だよ。まず、3個でいいから覚えよう!先生はいつまででも待ってるし^^』
人間は一人ひとりが違うので同じマニュアルで通用するとは限りません。
教室では常に自問自答しながらのチャレンジの連続です。

新しい仲間が増えました ②

DSC01564
昨日もお電話があり、桜台小のYくんがロボット教室に入会されることになりました!
嬉しい限りです^^ ロボット教室は教科書を見ながら自分でロボットをつくったり、実験したり、改造したりと感性をフルに使った面白い授業です☆
Yくんもきっと大満足してくれることでしょう。
世間には多くのお稽古事がありますが、一味違ったロボット教室は子供たちの未来に役立つ『空間認知能力と創造力とやり遂げる自信』を身につけることができます!

8月のロボット教室はさらに賑やかになりそうで私も今から楽しみです^^
みんなありがとう(*^。^*)

新しい仲間が増えました!

DSC01583
桜台小1年のKくんがロボット教室に入会することになりました!
1年生ながら落ち着いた雰囲気の男の子です。8月10日(土)のベーシックコースから参加となりますが、ロボット大好きな仲間たちはみんな仲良しなので、きっとKくんもすぐにお友達ができると思います。
初授業まであと2週間。楽しみにお待ちください! 

普通って、常識って・・・・^^;

BusinessCardLogo
久しぶりに義母と会って長男の進路の話をしました。
義母いわく、ちゃんとした大学に入れないとダメ。そのためにも学費は親が準備する。それが親の務めであると強く念を押されました^^; でも私の実家は貧乏だったので、兄弟3人とも学費は自分でアルバイトをしまくって貯めました。自分でお金を作るのは普通だと思っておりましたし別に親を恨んでません、逆によくやったよなぁ~自分。と今でもいい思い出です。そして3人とも一流企業に就職して幸せな家庭を持つことができました!学費を自分で作ったことは、自分の自信にもなっております。^^
逆に至れり尽くせりで学費を出してもらった義弟は43歳で引きこもりです(汗)
親のせいで私の人生は目茶苦茶だと開き直って、20年以上仕事もせずに家でテレビを観ています(笑)

今回はそこで結論はこちら!という話ではなく、何が正しくて何が間違っているということは、その場ではわからないということが言いたいのです。
知人のお子さんは進学校に見事合格したのに、ギリギリで入学したため落ちこぼれて高校中退目前です。。。 不合格で1ランク下の学校に行った方がよかったのかもしれません?でも、一発奮起する可能性もあったはずだし・・・? さらに言えば、中退したら人生が台無しになるのでしょうか? 

43歳の義弟の話に戻ると20年以上引きこもりですが、社会に迷惑をかけているでしょうか?
別に迷惑をかけていません。逆にご両親(義母・義父)の仲を保つ役目をしているような気がします。
その中で一番救われたのは誰でしょう?

<事実は一つ解釈は無数≫義母が話をしてくれたことはもっともです。社会の常識だと思いますし、否定する気はまったくありません。ただ、私の気持ちとしては学費の半分は自分で稼ぎないさいという方針です^^さてさて、息子の反応はいかに?(笑)

通知表・・・・

DSC01246
生徒たちが通知表を持ってきます。『上がった、下がった』『おしい』『悔しい』『ここのBはおかしい!』 各々が説明付で見せてくれます^^
その時、全員に訊くことは『この成績をどう思うの?』
自己評価を尋ねます。『もっと上を狙える』と思う子はたぶんいけるだろうし『この辺が限界』と思う子は伸び悩みをするでしょう。すべては自分が日頃考えている通りになるという現実を少しづつ気づいてほしいと思います。
マラソンでも42キロ絶対に走るんだ!と決めない限りで走れません。
2階建ての家を建てるときの土台をつくる準備と10階建てのビルを建てる時の土台や設計図は違います。
50点取る勉強と90点取る勉強はまったく別モノです。
まずは自分はどうありたいのか?セルフイメージが大事です。250点⇒380点、80点⇒150点、220点⇒345点、360点⇒410点と上がる子がいます。理由は絶対に点数を上げると自分で決めているからです。
勝手に点数は上がりません。上がったらいいなぁ⇒上がりません。決めていないから。
いつも同じ話を生徒にしています。 何点取るのか?先に決めよう。

(余談)
ある方がこんなことを話していました。『大人になったらやりたくない仕事を我慢してやらなければならない。好きな仕事をしている人なんか誰もいない。世の中は我慢と耐えることが一番大事である!』
この方の周りには自分も含めて我慢して耐えている人が多いのでしょう。御苦労さまです。それも現実。
ただ、私の周りにはやりたいことだけして儲けている人、楽しみながら仕事をしている人がほとんどです(笑)そんな人が集まっております。
類友の法則? たぶん、同じ現象でも見えている景色が違うのでしょう。
子供たちの夢や志も応援していきたいと思います^^

息子との会話

DSC01913
昨日、息子と晩飯を食べながら将来について話し合いました。
息子『大学に行って好きな勉強だけできたらいいなぁ~』『いらない勉強はしたくないんだ。時間がもったいないし・・・・あと、いい大学って何だろうね?いい大学っていい会社に入るために行くんだよね?それもどうかなぁ~?』
私『ふーん。だったら、違う道も探してみたら?』『例えば、英語得意だよね?海外の専門機関の門を叩く、それともイタリアの大学なんてどう?授業料だって高いところで年間18万円だし結構いいところらしいよ』『別に大学に行かずにしばらくワーキングホリデーなんかはどうかな?バンクーバーなんて日本語だけで大丈夫だよ(笑)』
息子『そうか。そう考えると高校出たら選択肢ってたくさんあるんだね。なんだか面白くなってきた!』

学習塾を経営しておりますが、大学がすべてだとはまったく思っておりません。
もちろん有名大学を目指して努力するのは素晴らしいことではありますが、全員が目指す方向だとは思わないのです。世の中にはいろんな仕事があります。大工、消防士、イラストレーター、小説家、商売人、運転手、薬剤師、教師、作業員、どの仕事も世の中のお役に立っているはず。
自分の3人の子供には、何でもやりたいことをチャレンジさせたいと思っております。そして、成功しても失敗してもチャレンジしたことに大きな拍手を送りたいと思います^^

保護者懇談の総括

DSC01913
保護者様には本当に感謝です。たくさん情報交換させていただきました。
新たな発見も山ほどありました。そして反省も・・・・・
2学期の授業からは大きく舵を切ります。根底にある考え方は一緒ですが、教室の運営に関しては変化させます。古株の生徒からは「えっ?またですか?」という声も上がりそうですが、少しでもいい方向へシフトできるなら、朝令暮改もぜんぜんOKだと思っている人間です。
誠心館に入れてよかった!と思っていただけるような施策を次々と打ち出します^^
予告編(?) 小学生進級式教材(コース)の導入、甲南大学のイケメン講師採用、中3生向け宿題お片付け大作戦・・・・・

誠心館のロゴについて

BusinessCardLogo
誠心館のロゴは蓮の花を自分でデザインしました。自分で作成したので激安です^^
また蓮の花は中国・インド・ベトナムでは神聖な花であり霊格が高いと言われていたり、お寺の壁画としても描かれているので仏教色が強いイメージがありますが、個人的にはその辺りに関しては意識はしておらず、ただ『泥水が濃いほどキレイな花が咲く。花には絶対に泥がつかない』という特性にビビッときたので、自分のライフワークである『誠心館』のロゴにしました。

人間は生きていくうえで、つらい事や泣きたくなることだけでなく、一見不条理な出来事にも遭遇しますし、厳しい環境に身を置くことなるかもしれません。でも、子供たちがそれぞれのシナリオを生きながらオンリーワンの花を咲かして欲しい。
誠心館にご縁のあった子供たちには人間として一番大事な『自立学習』の重要さを知ってほしいと思います。
≪すべてお膳立てしないと何もできない子供にしたくない≫ 私の基本的な考え方です!

復興支援ソング/花は咲く

DSC01922
今日、あるスタジオで男性ボーカルによる復興支援ソング“花は咲く”を聴きましたところ、いきなり涙がドーッと出て自分でも驚きました^^;
あの独特のメロディーのサビのところを聞いた途端、いきなり感情が揺さぶられたように、前触れもなく目頭が熱くなり・・・・・・・ 浄化の涙でしょうか?

『思し召しのままに』世の中は神の承諾があることしか起きない。という話を聞いたことがあります。今、生きている人は亡くなられた人の分まで幸せになる義務があると思います。
“花は咲く”の歌詞の奥に込められたメッセージをしっかりと受け取りたいものです。