講師と焼肉を食べながら・・・・

チラシ
昨日の日曜日は19時に生徒たちが帰ったので、早く教室を閉めて中村先生と焼肉を食べに行きました!
ビールを飲みながら教室の運営方針や生徒の学力、大学での勉強、家族、遊びや趣味等、多岐にわたる話をしたような気がしておりますが、酔っていたのでほとんど忘れました(汗)

しかし、大げさながら彼の人間的素晴らしさにはいつも敬服しております!

例を挙げると「大阪大学大学院の理学研究科数学専攻」という日本トップクラスの頭脳を持ち、日本中の秀才たちと勉強しているにも関わらず、常に「謙虚である」ことです。
学力優秀な人にありがちな周りの勉強できない人を見下げたりバカにする発言は一切ありません。
そして苦労しているにもかかわらず、苦労の話も一切しません。
愚痴や文句や不平不満も一切しません。

そして、いかに限られた時間でその子に必要な内容をわかりやすく教えるか?に専念してくれております。教え方にも「優しさ=愛」があります。

酔っぱらいながらも感謝の気持ちを伝えて5年後、10年後、20年後も定期的に会おうね!と約束しました。法人化したばかりの「スタディビレッジ誠心館」の成長もみてほしいし、彼の成長もみたいし、何より末永くお付き合いしたい人間だからです^^  

子供たちを信じて。

DSC01246
毎年、何名かは英単語を覚えることができません。
さらにbやdを間違えたり、SとCの判別ができなかったり・・・・

また、文章問題がまったくできない子、漢字が逆さ、もしくは反対になる子

小テストを何回も繰り返したり、間違えた単語や漢字を何十回も書かせたこともありますが、それでも頭に定着しない場合が多々あります。

真面目に真剣にやっても頭に入らない。では、どうしたら良いのか?

さっさと諦めて他の教科を頑張るのも「あり」ですが、もし、受験生でないのならば、ギリギリまでトレーニングをしてみるべきだと思います。
発達障害の学習指導をしている先生達に聞くとコツコツとトレーニングさえ継続すれば、ある程度のレベルまで到達することがわかっております。

うちの教室の話ですが、どれだけやっても定期テストで1教科8~12点が当たり前の子が1年半後の諦めたころにグーンと伸びた例があります(それでも1教科35点ぐらい)。
その子は卒業後にさらに伸びて高校では1教科60点ぐらいに。。。。
一番驚いたのは私です。分数の計算だけで何か月もかかったのに、社会はたった20問を2時間かけても暗記できなかったのに、高校で平均点がとれるなんて夢のようです^^

コツコツ継続すること、諦めないでやることの大切さをすべての子供たちに体験してほしいと思います。自分の人生は自分で切り拓くしかありません。 親元を離れても生きていける子供たちに育てたいものです。

冬期講習

DSC02308

過去問をする人、模擬テストをする人、宿題をする人、小論文の練習をする人、3学期の予習をする人、英単語を覚える人。

皆、自分のペースでガンバっています^^

塾長や講師と何をするかを自分で決めてやりたい勉強をやりたいだけやる。もちろん、そこまで到達していない人は塾サイドで内容を決めさせてもらいますが、勉強は塾のため、学校のため、お母さんのためにするのではなく、自分のためにするモノです^^

人生はすべて自己責任。

確かに学校の勉強や知識は社会に出ると必要ないことが多いのも事実です。しかし目標に向かって計画的に勉強することや理解することの嬉しさや楽しさはやった人にしか味わうことはできません。

高校、大学に行っても困らない自立学習を身につける指導をしてまいります。

兄弟で特訓^^

BusinessCardLogo

中1と小4の兄弟が同じ時間帯で通ってくれています。
兄は数学の文字式~1次方程式をパソコンで1時間集中して勉強したあとに残りの1時間はテキストで再確認。講師がマンツーマンで間違えたところを解説。計算間違い以外はできていたので、なんとか次の単元に進めそうです。3学期の期末では30点アップを狙っております^^

弟は100マス計算、育脳トライアル(空間認知能力・点描写)、パズル、国語(読解)と盛りだくさんの内容。小学生の計算問題はパターンさえ覚えれば難しくないので、うちでは地頭を鍛える教材やツールも併用しながら、考える力のある「賢い子」に育つようにサポートしてまいります。

県立伊丹高校へ

DSC02228

今回は保護者の立場で長男の通う県立伊丹高校へ行ってきました!

2学期が終わり芳しくない科目についての説明。
理由は提出物を出していないとのこと(汗)。

2年の2学期なので進路の話も出るのかな?と思っておりましたが、まったくありませんでした。

そのあとに質問はありませんか?と2回訊かれて「ありません」と答えたらすぐに終了。所要時間7分(笑)

ちなみに長男の夢は作家になることだそうです^^  私はごく簡単に「そうなんだ!だったら、いろんな経験をした方がいいねぇ^^」とアドバイスをしております。

人によっては、本を出すなんて絶対に無理!と頭ごなしに否定する方もおられますが、私は人生1回なので好きなことにチャレンジしたらいいんじゃないの?と思ってます^^

本を出すって敷居が高いイメージがあるようですけど、私の知人の尾畑さんや多陀さんは電子書籍でデビューしておりますし、高島亮さんや神社昌弘さんはそれぞれ3~4冊出しており、それなりに売れております!

恥かしながら私の拙い遊びのブログにでさえ「出版しませんか?」なんて営業電話があります(笑)

長男には周りの雑音やネガティヴな人達の影響を受けずに自分の信じる道を好きなペースで歩んでほしいと思います^^

卒業生の相談

DSC02358

先日、卒業した元生徒が遊びに来てくれました!
学校が面白くない、友達とうまく行かない。。。。
学校やめようかなぁ~という話 ^^

16歳の女の子。自分の人生を一所懸命考えます。
もし学校を辞めたら、お父さん、お母さんは怒るかな? 中卒だったら、将来困るのかな? でも勉強きらいだし、嫌いな友達もいるし、宿題もやりたくないし。毎日が面白くないし。。。

わかりますよ。その気持ち。
そして悩むこともいいことだと思います。

般若心経にも書いてあります。この人生は悩みが多いって。でも、その悩みを乗り越えれば人間的に大きく成長できます。友達と仲良くするにはどうする?楽に勉強(宿題)をするにはどうする?毎日を楽しくするにはどうする? 

塾長は話を聞くこともできるしアドバイスもできるけど、最後は自分次第。^^

彼女が一段と成長してくれることをワクワクしながら見守りたいと思います(感謝)

冬期講習に向けて

DSC02358
中3生の進路がほぼ決まりました^^
今回、推薦・特色選抜を受けるメンバーは4人。まずは小論文の練習が必要なので、来週からスタートする冬期講習の中で特訓してまいります。担当は国語が得意分野の森下先生。
また、私立専願のメンバーは過去問。公立を目指す子は類似問題を集めた模擬テスト5教科×6回分をやります。
生徒・保護者様のご期待に沿えるように、講師とともにラストスパートです^^

いま・ここ・自分

DSC02358

教室正面ガラスの誠心館のロゴの上には「いま・ここ・自分」という文字があります。

誰からも質問がないので、気づいていないのか?興味がないのだと思いますが、私としては大事なメッセージを込めたつもりです。

意味は至って簡単。自分ができることはいま、ここにしかないということです。

感じること、楽しむこと、話をすること、勉強すること、遊ぶこと、優しくすること、すべては今の自分にしかできません。人は今にしか存在することはできないので当たり前です(笑)
過去の自分は記憶の断片であり、未来の自分は想像(思い込み)でしかありません。

そして、今の思考や行動が未来の自分の人生を決めているようです。
なので、未来を悲観するより、よりよい未来を築くためにも「今できることをするしかありません」

人に優しくしたら優しい人に囲まれる、一生懸命に感謝して仕事をしたら仕事に恵まれる。世の中シンプルです。自分の言動、行動がすべて自分に返ってくる。だったら、今、ここで自分のためによりよい行動をする習慣を持ちませんか?という気持ちを込めました。

聖人君子とまではいかないものの、自分自身が子供たちに慕われる魅力的な大人になれるように「いま・ここ・自分」を実践したいと思います。

飛翔(特別演習ブース)コーナーの設置

DSC02355

保護者面談の中で英・数以外の科目もなんとかしてほしい!という声がボツボツとありました!
そこで、いろいろ思案した結果、2教科+3教科対応の新しいコースを設けることにしました。

(仮称)5教科完全マスターパック +数千円で3教科を追加で対応します。(テキスト+web)

現行の中1、中2生を対象に2月からスタートさせる予定です。次回の塾報にて報知。

その中で理・社の暗記科目を集中して勉強するためにパーテーションで教室の一部を区切り「飛翔(特別演習ブース)」というコーナーを設けました。自宅で勉強できない人はココで徹底的に勉強するようにしてまいります。

勉強しやすい環境と優秀な講師たちを看板にさらに内容充実をしてまいります。感謝 ^^