志望校は県立伊丹高校?

DSC02815

中3生のMさん中間テストの5教科合計は415点でした。目標は435点だったので20点も足らなかったのですが、内心は400点以上だったら合格!としていたようなので本人は納得の模様^^;

ここ最近の実力テスト+内申点からすれば、現時点での志望である県立伊丹高校は余裕で合格できますが、今年から学区が編成されて公立高校の選択肢が増えました。

親に頼らず、自分の力でしっかり情報収集して、自分の眼で確かめて、自分が行く高校を自分で決めてほしいと思います。

高校入試は誰もが通る人生最初の関門といっても過言ではありません。

避けて通れないのなら、自分の為にコツコツとやるしかありません。

問題をわかりやすく解説するのも大事ですが、そんな基本的な考え方も生徒に伝えていきたいと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

 

 

過去最高点を獲得^^

DSC02838

中3生のTくん。入塾1年経過で過去最高点をたたき出しました!

ここ数カ月は勉強の仕方も変わり、冬ぐらいからテストの点数に結びついていたので期待していたのですが、今回は本当によくやったと思います。

春・夏・冬・春と読解の問題集をやりながら、国語のコツを掴んだのも要因だと思います。

彼のように自分でしっかり勉強して点数を上げるコツを掴めると、あとは安定したスコアになります。

平均点前後の生徒はリズムを掴むまで手取り足取りとなりますが、それ以上の点数をコンスタントにとれるのなら、勉強のペースは本人に任せてもいいと思います。

 

あと9ケ月で高校入試です。志望校の伊丹北高に合格できるように講師がサポートするので、一緒にがんばりましょう^^

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

追伸 写真は私が大好きな小林正観さんの言葉です。 毎日の言葉に気をつけてまいります。

 

 

テストの点数で子供を区別しない

DSC02915

生徒たちにテストの点数を訊いたときのよくある反応

塾長「英語のテストの結果、どうだった?」

 

生徒A「はい。〇〇点です。嬉しいです!」

生徒B「はい。英語はイマイチだけど理科はよかったです!」

生徒C「はい。惜しい間違いばかりで12点損しました。だから〇〇点です^^」

生徒D「忘れました。覚えていません!!^^;」

生徒たちの言わんとすることはわかります。心の揺れや気持ちも・・・・・

 

目標の点数に到達した子はたくさん誉めて、講師と生徒と一緒に喜びます。

逆に目標に到達できなかった子に対しても、絶対に責めずに笑顔で次があるから大丈夫。信じてるからねと優しく受け入れます^^

学校で悔しくて情けない思いをして、家で両親に怒られて、塾で白い目で見られたら可哀そうです。

子供たちは周りの大人たちの後ろ姿や言動に影響を受けてそのまま成長します。

だからこそ、教室に来ている子供達には、学校でできないサポートや優しい言葉で包みこんで、いい影響を与えていきたいと思います。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

写真は荒中2年生と東中1年生を指導している菱川先生。生徒の誉め方はピカイチです。

 

 

新しい講師を採用しました!

DSC02824

中村(宏)先生の紹介で上熊須さんが講師として来てくれることになりました^^

彼は甲陽学院から現役で大阪大学工学部に合格した秀才なので、誠心館教室でも即戦力として活躍してくれると思います。 本日から1ケ月は研修期間となりますが、講師としての資質もあるので今後が楽しみです^^

そして、今日は彼に誠心館の方針を説明しました。

①優しい言葉、前向きな言葉を使うこと。②相手の立場になって説明すること。③生徒にはとことん考えさせること。④勉強の仕方や考え方を伝えていくこと。⑤たくさん誉めること。

研修が終わり準備が出来ましたらホームページの「講師紹介」コーナーにアップしますので、ご覧いただきたいと存じます。

誠心館は偏差値68以上の阪大生の理系講師達が4人も在籍しておりますが、決して英才教育を目指しているのではなく、「自立学習」そして「学ぶ力」をつけることを最大の目的にしております。

もちろんテスト対策もしますし、難関校対策やセンター試験対策もできますが、誠心館は勉強が苦手で自分のリズムを掴みかねている子供たちを元気・その気にする指導、そしてそのままの個性を生かしながら育成することをモットーに頑張りたいと思っております^^

そんなわけで講師も増員できたので、中学生の募集を再開します^^ どんなお子さんが来てくれるのか?今からワクワクです^^

今日もブログを読んでいただきありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

テスト結果を見ながら・・・・

DSC02846

テスト結果が戻ってきております^^

「目標400点まで、あと4点だった。惜しい^^;」「英語ダメでした(>_<)」「よかったです。65点嬉しいです」

「415点だから、イイと思う」「前回より上がりました。嬉しい^^」「数学、もうちょっといくと思ったけど・・・」

 

昨日、生徒が帰ったあとに講師たちと意見交換をしました。

「まさか、符号が全滅だとは不覚。できていたと思ったのに」「iワークは完璧にやったのに、違うパターンの問題がまったくできず。応用する力がいまいち・・・」「国語力が20点アップしているのは、特訓の成果かな?」「期末テストでリベンジさせたい・・・」

生徒の喜ぶ顔を見ると講師も嬉しいですし、生徒の「シュン・・・」した顔をみると講師も悲しい。

私としては子供達の心を元気にしたい。自信をつけさせたい。やればできることを理解させたいという気持ちがあるので子供達の心に寄り添って応援するスタンスを講師にお願いしております。

 

 

◎保護者様へのお願い

今回の成績が大満足の保護者様は子供をたくさん褒めてあげてください。お母さんに褒められることが子供達にとって最高のご褒美となります。いくら褒めてもお金は一切かかりませんので、是非、大げさに褒めてあげてほしいと思います。塾の回数を増やすより効果があるかもしれません(汗)

逆に現状維持だった保護者様へのお願いですが、もし次回のテストで点数アップを望まれるのなら、「もっと勉強しないさい!」「期待していたのに・・・!」「勉強していなかったの?」「本当に駄目な子ね!」「お兄ちゃんはもっと勉強ができたのに・・・」等のセリフをご自宅で言わないでほしいと思います。

言いたくなる気持ちは充分ご理解できますが、やる気にさせるために怒るのは逆効果^^;

感情をぶつけても親子関係が悪くなるばかりなので、もし具体的に子供に言いたいことがあるのなら、私がお子様に伝えますのでメールでお知らせいただきたいと存じます。 うまく本人に伝えてみせます!

追伸  私は講師を信頼しておりますので細かい指示はあまりしませんが「言葉」には気をつけるように指示しております。とくにマイナスの言葉は厳禁です。 例) 「失敗しないように」→「成功するように」

脳の特性を理解すれば必然です。子供たちをその気にさせるためには潜在意識の在り方やセルフイメージが大きなウェートを占めることが、昨今の教育業界の定説となりつつあります。

 

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

新しい本を購入

DSC02900

ここ1年、書籍購入はJR伊丹駅前のブックランドフレンズという知る人ぞ知る(笑)書店でと決めております。

月に2~3回はふらっと訪問して、ピン!と閃いた本を買うわけですが、今週はこの2冊を買いました。1冊目は日本の歴史を知るのにふさわしい「古事記」。平易に書いてあり小学生低学年でも理解できる文章なので、ぜひ皆に読んでもらいたいですね。

テストのための勉強も大事ですが、歴史に興味をもつキッカケになる読書もしてほしいと考えております。私が読んでも楽しいので、中学生たちにも読んでもらえたら嬉しいですね。

きっと、昔の日本人の概念に驚いたり、新発見の連続で物事の捉え方が拡がると思います。

2冊目は神戸市長田区の長年荒れていた中学校を立て直してきた百瀬先生の本である「笑育のすすめⅠ」ですが、これはブックランドフレンズのこんぶさん(店長)のお薦めで購入しました。

私と講師の勉強の為に購入した本ですが、保護者様でもご希望があれば喜んで貸出しますので、お気軽にお申し出ください^^

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

生徒、講師、教室も成長しています

DSC02899

スタディビレッジ誠心館が開校して、もうすぐ丸3年となります。

私一人でスタートしましたが、現在のところ学習塾部門は小・中・高で48名、パソコン教室部門は45名の生徒数となりました。講師も両部門で6名体制です。

来月には計100名に到達する見込みですが人数を追うのではなく、既存生徒の成長を最優先にしていけばおのずと生徒数も増えるのだろうと楽観しております^^

学習塾部門では独自の信念による一斉個別指導にこだわっておりますが、間違いなく子供達の成長に直結するスタイルだと自負しておりますので、これからも継続してまいります。

ただ、どうしても1対1での指導を希望される場合は、ご要望に応じて対応させていただきます。大手有名チェーン学習塾の個別指導金額の20%OFFで受けることが可能です。講師は阪大生たちなので、国公立大学はじめ難関私大対策もお受けできます。

保護者様のご要望に合わせてカスタマイズしてまいりますので、お気軽にメールでお問合せください。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

追伸

写真は荒中1年生に菱川先生がマンツーマンで指導^^ 中間が終われば次は期末があります。何事も段取りが一番であることを早く理解してもらい、余裕を持ったテスト対策ができるように育ててまいります。

中間テスト前日の様子

DSC02897

最後の最後まで諦めない。自分の能力を信じてチャレンジしてほしい。

他人と比較して一喜一憂する必要はありませんが、自分との比較はしてほしい。

優秀な講師が揃っているので、暗記の仕方、読解のポイント、計算ミスのなくし方、文章・応用問題の解き方、、、、、計画の立て方も含めて勉強の仕方や取組み方も一緒に掴んでほしいと思います。

講師は全力でサポートするので、自分の気持ちにスイッチを入れて取り組んでほしい。

焦る必要はありませんが、勉強は主体的にやらないと伸びないことも知ってほしい。

軌道にのるまでは手取り足取りになりますが、そこから先は自転車に乗るように自分の足で漕ぐようになってほしいと思います。

 

写真は中村(宏)先生。丁寧かつ優しい指導が人気です^^

今日もブログ読んでいただきありがとうございます。

講師との出会い(初公開)

DSC02894 (1年半前の話)                                                                            講師を募集しようと思ったときに頭に浮かんだのは「大阪大学の学生」でした。

しかし、阪大に知り合いはいないし、距離も遠いし、交通の便も悪いし、どう考えても無理だなぁ。。。。。でも、阪大の学生さんに来てほしいし・・・・ う~ん。でも、なんとなく来てくれそうな気もするし。。。 そんなことを考え始めて数週間したときに、先輩塾長から突然電話があり「講師募集してたっけ?素晴らしい講師がいるんだけど?しかも阪大生なんだ」と言うではありませんか? 「ええっ~ 本当ですか?」 なんだか夢みたい^^  そんな劇的な出会いだったのが中村元幾さん。

さらに数か月して、あと数名講師が欲しいと思っていたところ中村元幾さんが後輩を紹介してくれました。元気印の菱川裕人さん。なんと2人も大阪大学の生徒が来てくれました!

そんな話を知人にしたら「うちの息子は甲南大学だけど、よかったら面接してほしいんだけど・・・」 そんな紹介で来てくれたのが大原源太さん(英語担当)。

さらにしばらくすると、大原くんがバリバリの理系の講師がいるけどどうですか?と紹介してくれたのが、中村宏平さん(元某大手学習塾のベテラン講師)後から聞けば、またまた大阪大学!

外部募集を一切していないのに半年で大阪大学3名と甲南大学1名、さらに知人の紹介で立命大卒の女性の合計5名の講師がなんと紹介だけで集まってくれました!

何といっても学歴だけでなく人間性も素晴らしい講師が5人も自然に紹介だけで集まってくるとは、奇跡以外の何ものでもありません。思わず神様が応援してくれている!と思いました(笑)

塾長は本当についております^^   そんなついてる塾長のいる誠心館教室。講師と力を合わせて生徒たちの学力(学ぶ力)を伸ばしてまいります^^

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

ロボット教室

DSC02887

第2と第4土曜日はロボット教室の日。

昨日は恐竜ロボットのロボザウルスを作るメンバーと馬型ロボットのパカラーを作るチームに分かれての授業です^^

ヒューマン本部のマニュアルにはロボット教室の意義やコンセプトがいろいろ書いてありますが、一昨年の秋から1年半授業をやってみてわかったのは、子供たちは最後の最後まで自分の力だけでやり遂げるので、ほぼ全員「自信・集中力・忍耐力」が著しく向上するということです!

子供たちの成長をずっと観ていると多くの発見があり、本当に楽しいです!

写真は小4生のMさん。動作確認で歩行がうまくいかない・・・・

完成品と比較して最終チェックしておりますが、パーツの取り付け位置の間違いが発見できず。ギリギリまで教えません。自分で発見しよう! ガンバレ^^

今日もブログを読んでいただきありがとうございました。