講師ミーティング

DSC03473

今日の塾は第5週でお休み。

そこで、定例の講師ミーティングをしました!

議題はいろいろありますが、今回のメインは数学、英語で50点取れない子の対策。

地頭はいいけど、ただ単に勉強嫌いな生徒。本気でやってるのに計算ミスが多発する生徒。
モチベーションが低く逃げ腰な生徒。問題意識が欠落している生徒。
学校も休みがちな生徒。計算問題はできるけど文章問題はまったく出来ない生徒。。。。。

講師目線で意見を出しながら今後の方針を議論しました。

なるほど8割の生徒は講師の意見も同じになりましたが、2割の生徒では意見が真逆になることも。

いろんな意見が出ましたが、まずはテキストを変更して基礎の復習を徹底する生徒たちが確定しました!

テキスト代は塾が負担して一からやり直しをします。。。。

80点以上の生徒は今と同じ指導、60~70点の生徒はちょっと宿題を多めにして負荷をかけて、50点未満の生徒たちは特別補習で底上げを図ります。

同じやり方でも通用する生徒としない生徒がいます。

いろいろチャレンジしながら生徒をリードしてまいります。

人を育てる仕事=塾の仕事。

講師にとっても最高にやりがいのある仕事だと思います。

ひょっとすると一番成長するのは講師かもしれません。

どちらにしても期末テストに全力投球です^^

市立伊丹高校は大人気。

DSC03997

10月末になり、中3生の多くは志望校がほぼ決まっております。

その中でも人気があるのは市立伊丹高です。
昨年度も通知表がオール4で内申点が200ある子たちが市立伊丹高を受験しております。
皆、偏差値も57ぐらいあったので県立伊丹高や伊丹北高も充分に合格圏内ですが、とくに女子は校風や制服がかわいいという理由で志望しているようです。

なので、数年前に比べると難易度も上がっております。

さらに以前はクラス上位の子は県高・北高を第一志望にし、第二志望を市高にするのが標準パターンでしたが、昨年の学区再編成により市髙は第一志望以外認めないというルールができたのも影響大です。

もちろん合格ラインはもっと低いのですが、中2生たちで市立伊丹高校を狙うなら、目安として通知表は4が半分以上で残りは3、そして定期テストは5教科で370点以上が最低条件だと思います。

次の期末テストまであと1ヶ月。市高に行きたい女子グループたちはその辺りを意識してテスト勉強をしてほしいですね。

中間テストを振り返る

DSC04021

中学生の中間テストが一部の私立中学を除き戻ってきました☆

全体の結果をみると、上位層は現状維持、中間層は↘ 下位層は↗ という感じでしょうか?

そして今回の成績が芳しくない生徒の理由(言い訳?)の8割が「部活で忙しくて時間がない!」でした。

毎年同じセリフを聞いているので驚きもしませんが、時間に関して言えば誰もが1日24時間ですし、部活をしながら勉強を両立させている生徒もたくさんいるので、本来は時間がないのではなく時間のマネジメントができませんでした。というのが、より実情に近いと思います。

また「時間がない」と考えるのか?「時間を効率よく使えなかった」と考えるのか?には大きな違いがあります。時間がない=責任は外的要因、時間を効率よく使えなかった=自己責任と認識しているわけで、責任を外に求めている限り物事は好転しないということがわかっておりません。
(これはサラリーマンの世界にもよくある話で上司の責任だとか部下の能力がないなんて言ってる間は絶対に出世もしないし仕事の成果もあがらず、さらに仕事が楽しくなりません)

とはいえ塾の役目は成績を上げることなので、生徒の物事に対する認識が甘いのが成績横ばいの理由であるなんて分析したところで何も解決になりません。
その対策を考えて実践するのが塾の仕事だと思います。

そんなわけで来月は中間テストの点数が低い生徒に対して補習を計画しております。

まずは保護者様に報知します。

中間テスト2

DSC03755

中学生たちのテスト結果が次々と戻ってきます。

だいたい2学期は1学期より難しい問題となり平均点も下がるので、誠心館の生徒達の何割かは下がる子が出ることを覚悟しておりましたが、やはり今回も明暗が分かれました。。。。。

ずっと英語だけは20点以上アップさせたいと本気でやっていた生徒は見事21点アップで79点になったり、数学をとにかく何とかしたいと言い続けた子も15点アップで80点をとりましたが、残念ながら⒖点以上ダウンした子たちもいます。

次は1か月後に期末テストがあるので、生徒たちの意識とモチベーションを高めながら次のアクションを起こしたいと思います。

とくに大幅に点数が下がった数名に関しては何らかの対応策が必要なので保護者懇談をしたいと考えております。

中間テスト

DSC03894

中学生の中間テストの結果が戻りつつあります。

今回の英語テストは英作文が多かったので、なんとなく丸暗記で70点を取っていた子たちは軒並みダウンしていますし、完全に理解していた子はしっかり96点も取っています。

数学も一緒で応用・発展問題を繰り返しやっている子たちは85点以上をキープしていますし、応用問題をなんとなく頭で理解して自分でできるところまで到達できていない子は文章問題で点数を落としています。

当り前と言えば当たり前の話ですが、それぞれの子供達が持つポテンシャルを少しでも伸ばすのが塾の役目なので、今回の結果を担当講師と一緒に振り返り、次への指導へ生かしてまいります。

あと公立中学校の生徒全員を対象に数学は中学校のリピートやスパイラル等の問題集を塾の宿題にすることにしました。
学校の問題集を塾の宿題にするのは私もやや抵抗がありましたが、学校の問題集はテスト前に必ず課題として提出しなければならないし、テスト1週間前に数学の課題に追われて社会・理科を一夜漬けで済ます生徒達もおり、結果として通知表全体の評価が上がらない現象につながっております。

小さなルールの追加ですが、少しでも生徒達の為になるようにあの手この手でできる限りのことをしてまいります^^

高校生からの報告

DSC03557

先日の話

伊丹西高の塾生が「先生!俺、目標ができました。大学に行って小学校の教員免許とります^^」

私「えっ、そのなの? 小学生に勉強教えたいの?」

塾生「本当は保育士に興味あるんだけど、高校の担任が保育士は給料安いから小学校の先生を勧めるんです! だから小学生の先生になることにしました!」

私「う~ん。^^; 給料が安いから・・・・ 了解。それで、どこの大学を狙うの?」

塾生「私立は授業料高いから国公立大学にしたいと思います(^^♪」

私「ええっ・・・?!(汗) そうか。わかった! うちの高2チームは皆、国公立大学狙いだし自分も一緒にがんばろうか?」

塾生「はい。がんばります!(^^)!」

またまた大きな仕事が増えました^^; センターで7割取るのは、かなりハードル高いんだけどね~。

その前に誠心館元気印の小学3~4年生チームを相手に授業をしてもらおうと思います。
うちの生徒たちは結構手強いので、違った意味(!)でいい勉強になります(笑)

あと先週は伊丹北高と猪名川高の二人が入塾手続きをしてくれました!
誠心館と波動が合う生徒達が次々と集まってきます。有難し。

メディスンスクールのご案内

DSC03859

10月16日(金)のスタートアップコースは村中由美子先生をお招きして特別勉強会を開催します(誠心館の生徒対象:参加費無料)

<内容>
・心と波動の法則(紙芝居)
・自信回復
・記憶力コントロール(記憶力アップ)
・目標・夢を持つ
・思考パターンをプラスに変換
・お菓子タイム

簡単に言えば、子供たちの心を前向きにして夢を持たせるワークです。
その専門家である村中先生の紙芝居による気づきのお話を中心にスポーツ界では当たり前となっている「イメトレ」のワークも。

今回のワークをキッカケに子供達が自らの可能性に気づき目を輝かせて勉強にスポーツに自信を持ってチャレンジできるようになってくれたら嬉しいですね。

ちなみに塾長の長男も某研修センターのメディスンスクールで学んだあと「目標や夢」を持ち「思考パターン」が変わり、夢を持ってからたった1年半の18歳で念願の小説家となり本を出版できました!(現在3万2000部)12月には3冊目が全国の本屋の店頭に並びます^^

ある著名な方のお話で「想像が創造する」という言葉が印象に残っておりますが、まさにその通りだと思います。

マイナスの言葉を使ったりネガティブな考え方をしていると行動も消極的になり結果も芳しくなくなります。

これは日頃の勉強にも通じることで「暗記が苦手」と思っている生徒はさらに苦手になるし、「絶対にできる」と心の底から信じている生徒はタイムラグがあっても必ずできるでしょう。

塾長、一押し企画のメディスンスクール。

今からわくわくです。

写真は8月に開催された前回のイベントです。アメリカの留学生をお招きしての国際交流編^^
DSC03868

体験学習&入塾手続き

DSC04009

折込チラシの効果でこの1週間で体験学習の方がたくさんお見えになりました!

伊丹北高×2名、猪名川高×1名、荒牧中×2名、天神川小×1名、大教大付属池田中×1名。

すぐに入塾手続きをされた方もおられますし他塾も体験学習をされてから考える方もおられます。
荒牧南、北野の周りには学習塾がたくさんあるので保護者様からすれば選びたい放題ですね^^

そこで塾選びの基準としては考えられる項目を挙げると◇個別or集合or少人数 ◇講師の質 ◇月謝(総額で)◇自習室 ◇ブランド(個人or法人or全国チェーン) ◇教室長(塾長)の人柄 ◇教室の雰囲気(環境・広さ・清潔度) ◇教材の種類と購入が強制かどうか? ◇季節講習のコマ数・金額 ◇塾テキスト以外も教えてもらえるのか? ◇家からの距離 ◇過去の合格実績 ◇テスト対策 ◇進路指導 ◇保護者懇談。。。。。

塾経営をしている立場から考えるとこんなところでしょうか?

どの塾も真剣に生徒指導していることは間違いないので、あとは優先順位をどうするのか?で決まると思います。 
昔から自宅の一室で丁寧な指導をしている個人塾が好きな人もいるし、稲園●●人合格という有名塾に魅力を感じする人もいます。

そのなかで誠心館は阪大・神大の現役大学生が個別で教えてるのに月謝が安いというのがキャッチフレーズです。管理費・教室維持費はじめなんとか費というものは一切頂いておりません。
中学生は週1回9,000円(税別)のみです^^

これで地元公立中学から中高一貫校の生徒まで教えてます。さらに週1回数学を選択の生徒でも英語や理科の質問可という自由度でやっております。

教科は固定で塾テキストをカリキュラム通りに一律に進める塾を好む保護者様には物足らないでしょうが、私としては学校教材やプリント、さらには市販テキストまで何でもオッケーで教える方が生徒のためになると思って実践しております。

他塾とはちょっと違った路線でやっておりますが、こんな誠心館のやり方に共感してもらえる方に来てもらえると嬉しいですね。

入試対策コース

DSC04017

昨日から入試対策コースを開講しました!

担当は専任の伊東春香先生(神戸大学医学部)

11月から参加希望の生徒が多く今日は2名の参加でした。
なので、1対2で4時間みっちりの特訓となりました。

2人とも公立高校志望なので5教科をバランスよく勉強する必要があります。1人でするとどうしても苦手科目は後回しになりがち。だからこそ計画的に学習する必要があります。

誠心館では、その辺りを充分に考慮したカリキュラムを組んで毎週土曜日に進捗確認をしてまいります。

厚いテキスト5冊に驚いていた2人ですが、高校入試まで残り半年となりました。
私としては「今、やらないでいつやるの?」という気分です。

毎年2月頃になると中3生からよく聞く言葉があります。それは「もっと勉強しておけばよかったー(涙)」です。。。。。
まさに後悔先に立たず状態です^^;

今の内申点と偏差値で志望校(伊丹西・市立伊丹・県立伊丹・武庫総等々)に余裕で合格できそうな生徒たちは現状維持で問題ありませんが、ボーダーラインの生徒たちにはそろそろエンジン全開してほしいと思います。

卒業生が遊びに来てくれました!

DSC03737

先日、塾の卒業生が誠心館に遊びに来てくれました!

今年3月に中3生の合格パーティーをして以来なので会うのは半年ぶり。

報徳高校に入学してからのこと、部活、勉強、友達のこと等々をたくさん聞かせてくれました!

さらに物理のことを教えてほしいということで他の生徒の授業が終わったあとに上熊須先生がワンポイントレッスンをしました!  と言ってもテスト1日前なので(汗)、かなり付け焼刃ではありますが、1点でも上がってくれたら嬉しいですね。

塾仕事のやりがいは子供達の成長に携わり、その成長した姿を自分の目で確かめられることではないでしょうか?

これからも生徒達が日々成長していく姿を優しく見守る塾長として自分の使命に邁進してまいります。