ご近所に塾がオープン

DSC04060

よく飲みにいく鉄板焼き店のマスターから聞いておりましたが、荻野西に新しい学習塾がオープンします。

なんと今春オープンした学習塾の目と鼻の先^^;

駅前では同じビルやフロアに学習塾がたくさん入ることはザラにありますが、伊丹の北の端となる北野、鴻池、荻野、荒牧という狭いエリアにいったいいくつ学習塾ができるんでしょうね~

しかし、青少年に有害なお店ができるのではなく子供達の可能性を拡げる学習塾ができることは地域の活性化にもつながるし、保護者様からすれば選択肢が増え、さらに塾サイドもよりサービス向上に向けて努力することになるので大変いいことだと思います。

誠心館も人気があるから大丈夫!と油断せずに既存生徒の成長を念頭にあの手この手でがんばります^^

ちなみに誠心館でも昨日は県立伊丹高生の入塾手続きと荒牧中生の入塾申込みがありました。

新しいご縁に感謝申し上げます。精一杯のサポートをお約束します。

写真は伊東先生が県立伊丹高3年生を指導しているところ。センター試験まで残り53日!!
目指すは兵庫県立大学(で、よかったよね?)。講師一丸で応援していますよー^^

「本気で誠心誠意」の意味

DSC03905

誠心館では2ケ月半前より19時スタートの授業前に塾長と講師が円陣を組み、手を前に差し出して「今日も本気で誠心誠意の授業をするぞ!」「おーっ!」と掛け声を出しております^^

まずはカタチから始める。

「大地の花咲き」という映画の朝礼時のワンシーンを観て「これだ!」と思い、翌日から続けている簡単な儀式です(笑)

当初は講師も「なんでやるの?」「いつまで続くのかな?」「なんとなくかっこ悪い」みたいな反応で声も揃わず、覇気もなくいまいちピリッとしていませんでしたが、2ヶ月半継続してみると少しづつ声も揃って声に張りも出てきました。

講師は頭脳明晰な阪大生と神大生なので、最初に円陣や掛け声の必要性を訴え、さらにその意義を説明し何度も練習したりすれば、すぐに見た目は上手になったかもしれません。

しかし、今回は全く説明もせず、よくても悪くても批評なしで「ただ継続」してきました^^

理由をここで書くわけにいきませんが、私の中ではかなり重要度が高いです。

そして、講師一人ひとりが自分で「何かに気づく日」が来ることを考えるとワクワクします!

私にとって一番大切なことは講師の成長です。講師が成長して能力を高めていけば、おのずと生徒に対する姿勢や指導力もアップしてまいります。

ちなみに誠心館では毎月の講師ミーティングはもちろんのこと、残業があった場合でも15分単位で残業代を支給しており、さらに生徒が急に休むことになり授業が全くなくなっても給料は必ず支給します(講師が前々から日時を調整しているのに、今日は来なくていいよ!なんて私には絶対に言えません。。。。。)

さらに大手学習塾チェーンによくある授業の準備と報告書の記入作業(約1~1.5時間ぐらい??)は授業のコマ数の給与に含んでいるから。。。なんて他業界では絶対に通用しないルールも好きじゃないですねー

私としては会社の利益も大事ですが、講師たちが誠心館で働いて良かった!と言ってくれること、そして講師の親御さんにも「誠心館で仕事するのなら大丈夫!」と安心してもらえる環境づくりを大事にしたいと考えております。
偉そうなことばかり書いてしまいましたが、「本気で誠心誠意」の気持ちでがんばります。

追伸  いつかは講師の親御さんの集まりなんかもしたいなぁーとコッソリ考えております^^

※写真は誠心館の講師陣のミーティング風景。

グループごとにテーマを決めて討議します。上下関係もなく自由に発言できる雰囲気が誠心館の良さだと自負しております。

11月の入塾

DSC04095

今月は三田学園中、北中、安倉中、東中の4人が入塾することになりました(全員週1回)

なので、すぐに担当講師を決めて塾テキストを発注して受入体制を整えます!

また誠心館の講師は全員で12名おり、体験学習の担当講師と実際の授業の担当講師が一緒になるわけではありませんが、今回は曜日の関係でほとんど同じになりそうです。スムーズにスタートできそうですねー

そして、教室の席に余裕はありますが、12月~1月の中学生の受入れは一旦休止し、しばらくは高校生を中心に生徒募集をしてまいります。

尚、誠心館では来期に向けて「高校生の部」を充実させる準備をしております。

まだ構想の段階ですが、阪大、神大の理系対策(1問で40分ぐらいかかる数学の超難問を解く講座)、阪大、神大の文系対策(超難解な英文読解の問題の解き方講座)も準備予定です。

大学入試専門塾との連携や現役阪大生たちが大手有名進学塾で実際に学んだ勉強方法をさらにブラッシュアップして誠心館流にアレンジ。丁寧かつわかりやすく、さらに安価な講座料で提供できるようにと考えております。

骨子となるスキームができましたら、まず最初に高校生の保護者様に提示してご意見を賜りたいと考えております^^
保護者様よろしくお願します<(_ _)>

写真は阿部先生(神大農学部)1対3で中学生を指導中。
受験生の時はセンター試験では9割ゲット。独自のメソッドで生徒達を徹底指導しています!

絵本と論語

DSC04100

毎週金曜日はスタートアップコース

今日も塾生及び塾生の兄弟姉妹が集まってくれました!

今週も新しい絵本を2冊購入したので、ついでに教室の絵本を並べて写真を撮りました!

他にも人物系、歴史系、物語系、神話系等々、いろんなジャンルの本がありますが、やはり短時間で一番わかりやすく何回も読めるのは絵本なので、これからも子供達には絵本を読ませながら想像(創造)力を高める、未来を肯定的に認識する、親に感謝できる優しい子に育成したいと思っております。

さらに義務教育ではちょびっとしかやらない「論語」

素晴らしい言葉の宝庫かつ道徳を学ぶには最適であるにもかかわらず、紙面の都合か日本の教育方針の都合かわかりませんが、学校の教科書では少ししか出てきません。。。

なので、誠心館では毎回全員が大きな声で素読をします。

今日は小5のKさんとYさんがそれぞれ1回づつリーダーを担当。
二人ともうまく皆をリードしてくれました^^

勉強だけでなく素直で優しい人に育ってほしいですね!

DSC04099

補習授業

DSC04089

先週の土曜日(18時~21時の3時間)は英語の特訓をやり、日曜日(18時~21時の3時間)は数学の特訓をしました。

対象は前回の中間テスト英語・数学50点未満の中学生たち。

次回の期末テストでは、なんとか挽回してほしいので今回はお尻を叩いてがんばってもらいました!
担当は須貝先生、並木先生。

それにしても数学の点数が低い子は計算力が弱いですね。
簡単な四則計算にもかかわらず、すぐに間違えます^^;
方程式のルールはわかっているだけに勿体ないですねぇ。。。

でも、教えてすぐに直るわけでもないので、集中力を高めて「気づく」訓練の必要性を痛感しながら悶々と採点しました。。。。

また、入試対策コースが終わった伊東先生が少し残って「効率の良いノートの取り方」の説明もしてくれました!

いいところはマネをして勉強の仕方やノートの取り方から学んでほしいと思います。
DSC04087

進路が決まりました!

DSC04066

高校3年生のAさんが嬉しそうに報告してくれました。

神戸松陰女子学院大学に合格とのこと^^  めでたし、めでたし

どこの大学にするのか?夏まで迷っていましたが、決めた後の行動は早かったですね。
塾長も嬉しい限りです^^

なので、今月末で誠心館も卒業となりますが、難しい問題にぶち当たったらお菓子一袋持っていつでも教室に来てください。短縮バージョンで解説しますよ(笑)

ということで
他の高校生はこれからが真剣勝負。センターに向けて全力投球となります!

講師一丸となって応援しているので、夢と初心を忘れず自分の為にがんばってください。

さらに本日は13時から中3生の入試対策コース、18時から中1、中2の中間テスト英語50点未満の生徒の補習があります。

今後も一人ひとりが自分で考えて、自分の為に勉強できるようにリードしてまいります。

写真は飛田先生。天中2年の男子生徒に英語を猛特訓中! 

後ろは丸野先生と須貝先生。昨日は4人の講師がそれぞれ1対2、1対3で個別指導をしました。

講師陣には生徒に信頼されるように本気、誠心誠意を念頭に指導してほしいと思います^^

教室前の花壇が良い感じに

DSC04062

数ヶ月ぶりに教室の前にある2ヶ所の花壇に花を植えました!

女性講師と一緒にケーズデンキの裏にある花屋さんで合計52ポット(苗)とチューリップの球根10個を購入。
すぐに教室へ戻り作業スタート。

いい感じに仕上がりました^^

教室前の歩道は地域住民の方々の散歩コースになっているので、たくさんの人たちにご覧いただき楽しんでもらいたいと思います。

そのためにも毎日「咲いてくれてありがとう!」と言いながら水やりをして、草花が常にいい状態(エネルギー)を保てるようにしてまいります。

大学入試の勉強会

DSC04054

11月7日(土)は高校生を対象に大学入試に向けての勉強会をしました。
内容は誠心館の各講師が自らの体験を話して全員でシェアするスタイル。
部活との両立、いつからセンター試験対策を始めたのか? 模試での判定、志望校の決め方、暗記の仕方、時間配分、問題集の選び方など、生徒の参考になる話をしてくれました。

今回、体験を話してくれた講師は4人

大阪桐蔭高→阪大工学部
伊丹北高→阪大工学部
開明高→神大医学部
関西大倉高→神大海事科学部

参加してくれた高校生はゆっくりと4人の成功体験や失敗事例を聞くことができ、かなり参考になったと思います。

ちなみに誠心館では講師の「話し方」のスキルアップにも力を入れており、今回も参加した生徒、同僚の講師が話の内容以外にも1)アイコンタクト2)姿勢・しぐさ3)アクセント・滑舌4)表現の明るさ5)声のトーン・大きさを5段階評価します。

理系の学生は実験結果を発表する機会は多いと思いますが、話し方の質までは教えてもらえません。なので、誠心館の講師には少しでも人間力アップにつながることをしていきたいですね!

さらに今回は参加の高校生にも3分間スピーチをしてもらいました^^

英語も大事ですが、まずは日本語で相手に自分の考えをしっかり伝えるスキルを身につけてほしいものです。

下の写真は勉強会終了後のたこ焼きパーティ。普段は挨拶だけの生徒や講師も今日はワイワイ盛り上がっております^^

DSC04057

卒業生が遊びに来てくれました!

DSC04009

昨日は今年の春に誠心館を卒業した元生徒が教室に遊びに来てくれました^^

卒業時にお母さんと一緒に挨拶に来てくれたのが4月なので、ちょうど半年ぶりです。

部活やクラスの雰囲気等、高校の出来事を楽しそうに話をしてくれる彼女の成長した様子を見ながら、私も嬉しくなりました。

ちなみに「彼氏いるの?」と聞いたら、女子校なので出会いがない(>_<)、どうしたらいいのかな?と逆に質問されました💦

そして、なんだかんだと言いながら学校のテスト直しを講師と一緒にやってから帰りました^^

卒業生たちがいつでも気軽に遊びに来れる誠心館であり続けたいと思います。