入塾手続き&自分のペースで^^

DSC04412

昨日、安倉中新1年生と荒牧中新1年生の2名の保護者様が入塾手続きをしてくださりました。

そして今日と明日は入塾手続きのご予約はありませんので、これで4月1日からの塾生は確定しました!
昨晩にICカードの発注も済まし、今日は塾テキストの追加発注をして受入れ体制を整えてまいります。

(上の写真は誠心館の花壇です)
ご近所にある花壇のチューリップは同じスピードで成長し同じタイミングで咲いており、見た目は華やかでキレイです。
しかし、誠心館の花壇のチューリップは同じ店で買った球根なのに成長スピードはまったくのバラバラ(笑)  まだ蕾がないのもありますね💦

でも、実際にはそれが自然なんだと思います。

人間も同じく60兆個の細胞それぞれに含まれる10万個の遺伝子があり、そこから作られる全タンパク質のうち30%が個々に違い、他人と分けるという事実があります。

なので、早く伸びる生徒、ゆっくり成長する生徒、遠回りする生徒、いろんなタイプがあって当たり前(世界の70億の人間が全員同じ顏で同じ性格だったら想像するだけでも恐ろしい。。。。。)

誠心館には東大・京大レベルの頭脳の持ち主(甲陽学院中で数学なんと100点!!)から不登校の生徒までおりますが、同じ教室で楽しく勉強しております^^

勉強ができる子は難関大学でさらに専門的な勉強をしたらいいし、勉強ができない子は自分に合う専門分野を見つけて才能を磨いたらいいと思います。

でも、才能が見つからない場合は。。。(続く)

講師と生徒が本気になれば。。。

DSC04409

昨日は11時~15時に講師ミーティング。
今回のテーマは
高校生の部⇒カリキュラムと集合授業のスケジュール確認
中学生の部⇒授業の見直しと内申点アップのために塾ができること。。。

たくさんの意見が出て有意義なミーティングとなりました。
すぐに実行します^^

また20時~22時半までは英語の集合授業。強調構文の訳に関してのレクチャー^^
多くの進学塾で学び、大学入試をトコトン研究し尽くして神戸大学農学部に合格した阿部さんによる入試英語の授業(今回は協調構文の訳し方について)

その彼が学校ではあまり教えてくれない大事なポイント、勉強方法から模試で点数を落とさないコツまでをわかりやすく授業。

資料は全部手作り。

講師が本気で生徒が本気で保護者様が信じてくれるのなら、塾長は採算度外視になっても自分のこづかいを削りながら(?)講師と生徒を応援してまいります。

上の写真は阿部さん作成のプリント。
下の写真は教室前の張り紙。久々に大きく「生徒募集中」と貼りました!

中、高校生の部は講師人数の関係であと5~6名、小学生はまだまだお席があります^^
4月になり、どんな出会いがあるのかワクワクしますねー
ありがとうございます。

DSC04410

楽しい塾を目指して(小学生の部)

DSC04361

「楽しい」=「遊び」みたいな捉え方をされる方も多いかもしれませんが、嫌々やっても効果はあまり望めません。
やっぱり、わかる、できた、そして嬉しい、楽しいと導くのが一番効果的だと思います。

なので、高校生のように「今のままではやばい!という危機感があるので」「大学入試に向けて」というように目的意識が高い生徒たちはいきなり本気モードで指導しても大丈夫ですが、塾=勉強させられる、宿題が多い、できへんと怒られる(?)というような先入観を持った小学生達には違ったアプローチでスタートします。

小学1年~2年は自我がそれほど目覚めていないので親の言う通りに行動しますが、小学4年ぐらいからは勉強大嫌い、塾へ行くと友達と遊べない、宿題やりたくない。。。という子も多くなりますね。

そこで誠心館では常に子供達が楽しくなる授業を心掛けています。
というか、私自身が楽しめる、やりたい授業をしております^^

上の写真は小1生が国語のプリントにトライ中。100点連続でご満悦(笑)

下の写真は休憩時間にトライするダーツ。成功するとお菓子がもらえるので、いつも盛り上がります。これぐらいで勉強してくれたら、お安い御用ですね^^

DSC04391

次へのステップに向けて

DSC04385

高校入試の結果がほぼ判明しました。

満面の笑顔で合格報告をしてくれる生徒達の横で残念ながら不合格となり、併願していた私立高校へ入学する子もいます。

私もその生徒も絶対に合格していると信じていたので、発表前には入学後の部活の話等で盛り上がっていただけに、私もかなり落ち込みましたが、本人はさらに辛い思いをしているだろうと推察しております。

教室で一番たくさん問題集をこなし、入試前はかなりの点数を取っていたのですが、俗にいう「本番に弱いタイプ」だったのでしょうか?
緊張して頭が真っ白になってしまったのか? 解答欄を間違えた、記号で書くところをそのまま語句で記入してしまったのか?理由はわかりませんが、結果としては不合格。受け入れるしかありません。

どんな励ましの言葉をかけたらいいのかな?と思いながら、事実は事実として受け入れてこの出来事が「良かった!」と思えるような生き方をしてほしいと望むばかりです。

入学する高校で一生の友人に巡り合うかもしれないし、大きな夢を見つけるキッカケがあるかもしれません。

「人間万事塞翁が馬」

何がよくて何が悪いのか?

自分の人生の可能性を信じて次へのステップを考えながら歩んでほしいと思います。

写真は中3生たちへのプレゼント。小さな観葉植物ですが、同じ命を共有していると思って育ててほしいですね。

いよいよ明日。。。。

DSC04372

いよいよ明日は公立高校の合格発表。

誠心館の中3生は私立専願で4名合格、公立推薦で1名合格しており、明日の公立結果待ちの生徒が12名。
12名全員合格できれば嬉しいのですが、いかがなものでしょうか?

塾長としては緊張しながら生徒達の報告を待つのみ。

明日は教室でひとり事務作業をしながらの待機します。

写真は須貝先生が1対2で個別指導しているところ。指導経験も3年以上なので、教え方がうまいと評判。誠心館の人気講師です^^

入塾お礼

DSC04371

三田学園中新1年、荒牧中新3年、報徳高新1年の生徒の保護者様が入塾手続きをしてくださりました。3名の生徒とは方向性をしっかり確認しながらサポートさせていただきます!

誠心館の講師は阪大、神大の優秀な学生のみを限定採用し、完全個別指導をお約束しております。さらに地域一番の良心価格。

今年のチラシはなんとなく反響がいまいち(?)でしたが、保護者様の紹介と生徒の兄弟姉妹の入塾が続き満席に近くなってきました^^

保護者様のご期待に応えるべく全力で業務に取り組んでまいります。
しばらくは土、日も休みなしです^^

写真は並木先生(阪大)と藤谷先生(神大)が共に1対3の個別指導をしているところ。
答えも解説も見ずにビシビシ指導しております!

保護者懇談会

DSC04358

2月20日~3月13日の土・日は朝から晩まで教室で保護者懇談をしております^^

お父さんだけ、お母さんだけ、ご夫婦、さらにお子さんがいたりいなかったり。。。。
あまりカタチにこだわらず、ざっくばらんに本音で意見交換をしています。
でも、9割が保護者様だけですね。

他の塾の多くは生徒も含めた3者懇談。
先輩塾長も「親だけやったら懇談やりにくくないか?」とか「親の前で生徒に約束させるチャンスなのに勿体ない」と言われますが、私自身はあまりこだわりがありません。

生徒がいないほうが保護者様と本音で話せる時もありますし、進路を決める場合なんかは3者懇談の方がいい時もあります。

時間の方も基本は50分、短い人は30分で長い人は3時間(!)
さらに2回、3回する人もいます。

保護者懇談は誠心館の年3回の恒例行事であり、保護者様とお会いして対話するのが私のパワーの源。

今回もたくさんエネルギーとヒントをもらいましたので、すぐに明日から実行です。

新学期に向けて、粛々と準備してまいります^^

本当に塾の仕事は楽しいですねー

感謝

宝塚ホテルで歓送迎会^^

DSC04351

3月6日(日)に誠心館講師の歓送迎会を開催しました!
場所は宝塚ホテル。いつもは近くの居酒屋ですが、今回は少し離れてリッチな場所で会食をしました。

まず新しく誠心館の講師として来てくれたのは藤谷さん(神戸大学工学部)
丸野さんの紹介で来られて、数か月前から大活躍中です。
研伸館や駿台での指導経験もかなり豊富なので、教え方はうまいですねー
大学入試に向けてがんばる高校生をビシビシと鍛えてほしいと思います^^

それと誠心館を卒業されるのは中村さん(大阪大学理学部)宮本さん(大阪大学理学部)丸野さん(神戸大学海事科学部)の3名。それぞれ進路も決まり、4月からは全員社会人。
ということで、卒業する3人には高級ネクタイと寄せ書き+写真+笑い文字の色紙をプレゼント。

皆さん、本当に長期に渡り誠心館をサポートしてくれてありがとう!
今後は誠心館講師OB会の一員としてアドバイスをよろしくお願いします。

さらに今回は東京からOB会長の中村宏平さんも駆けつけてくれました。本当に嬉しかったですねー。
また他の講師に誠心館の考え方や方針までお話してくれた時は感慨深いものがありました。もう感謝しかありません<(_ _)>

「対面同席五百生(釈迦)」 すべての出会いは必然であり有難しですね。

DSC04353

360×90の黒板を設置!

DSC04336

今月より高校生向けの集合授業がスタートします。

ということで、教室に黒板を設置しました。

本当はホワイトボードにしたかったのですが、講師達が「塾長、やっぱり塾だったら黒板にしたほうがいいですよ。研伸館だって黒板ですよー」というので、黒板に決定!

まぁ、掃除他を考えればホワイトボードですが、講師たちのモチベーションが上がるのなら黒板にするしかありません^^

太田先生の2次対策の模擬授業に続き、16日には阿部先生のセンター対策及び受験英語の勉強の仕方の模擬授業があります。

どうやって英語を勉強したらいいのか? 

高校入試と違い、大学入試は大学によって勉強の仕方が全く違います。

英語が得意な人も苦手な人も学校とは違う「受験に特化した勉強の仕方」の解説をしますので、誠心館の高校生は全員参加してほしいですね!

写真は誠心館の小学生チームが授業の休憩中に黒板へ落書きしております💦
子供達は本当に絵が好きです。 皆、すくすく伸び伸びと成長してほしいと思います。

同志社大学の過去問

DSC04298

昨日は伊丹北高、県立伊丹高、伊丹西高の理系生徒と三田学園高、甲陽学院中の7名を集めて太田先生の模擬授業を開催しました。

今回は2次対策ということで「記述の問題をじっくり考える!」をテーマに取り組んでもらいましたが、問題の難易度からすぐに全員がギブアップするのかな?と思いきや、結構がんばってくれましたねー。

さらに感想文を読むと「今度こそ、自分の力で解きたい!」「2次対策の重要性がわかった」「できそうでできなかったけど、やる気が出た!」「じっくり考える必要性がわかった」「普段はすぐに答えを見て終わっていたので、時間をかけて考えていなかった。いろんな問題にチャレンジしたい!」等々

さすが理系の生徒たちですね。授業中も本気モード全開でしたが、感想文も前向きな意見ばかりでした。

とにかく夏までに青チャート3往復を目標に毎日猛勉強してほしいと思います。

次回は英語の模擬授業をやりますので、今度は文系チームも参加してほしいと思います。

DSC04299