大学では学べない社会で生きていくための術を知るキッカケになれば本望です。

dsc04704

昨日は講師ミーティングが終わったあとに宮﨑中央新聞の水谷編集長の講演会DVDを全員で視聴しました。
60分の短いDVDですが、講師達は真剣に観て最後にはお互いの感想をシェアしてくれました。

<運勢をよくする方法>

マイナスの言葉を使わない
マイナスの言葉を使う人とは付き合わない
頼まれ事は試され事、返事は0.2秒ですぐに「はい」と返事
自分を一番悩ます存在=自分を鍛えれてくれる人
脳は意識したものを引き寄せる
好奇心を持つ
潜在意識の大切さ
etc

講師達が一つでも何かを掴んでくれたら大成功^^

これからも講師の人間力アップの勉強会を定期的に開催してまいります。

誠心館の高校生の部について、他塾と大きな違いを書きます❢

DSC04576

高校生の塾、とりわけ個別指導塾はどこも費用が高い❢ さらに月謝は教科ごとに設定❢ 塾教材の指導しかやってくれない❢=学校のテキストや市販の問題集や模試の直しはやらない(できない)❢ 先生の学歴はすべて秘密にしている❢ 〇〇講習や講座は強制で受けなければならない❢ 自習室はいつも満員で入れない❢ 

よく、高校生の保護者様から言われることですが、誠心館は上に書いたことについては真逆で月謝は高校生の個別で週1回13500円(地域一番の安価)、週1回で復数教科も可、教材は学校の教材中心で市販品も可、学校のテストや模試の直しも対応、先生の学歴はすべて開示、講習や講座はすべて任意、自習室はいつも余裕というかガラガラ(汗)

あと小さな塾ですが、大学入試の2次対策の授業もがんばってたりしています。

勉強のやり方、計画の立て方、教材の選び方、メンタルサポート、生徒をまるごとサポートする優しい塾を目指しています。

さらにわかりやすく言えば<自分が通いたくなる塾、自分の子供達を入れたくなる塾>になるようにしていきたいと思います。 

いつもブログを読んでいただいている約80名の生徒の保護者様、これからもよろしくお願いします。<(_ _)>

誠心館の講師は生徒を教える経験を積みながら“人間力”を身についてほしい❢

dsc04698

誠心館の講師は全員で13名。

小学生担当の主婦を除き、他は全員が阪大・神大の学生。

なので、教室では18歳~23歳の若いメンバーが中心となって活躍しているわけですが、私としては講師たちが単に「勉強を教えてバイト代を稼いでいる」という感覚だけでなく、「自分を磨き魂を成長させる道場で学んでいる」という気持ちで仕事をしてほしいと考えております。

やっていることは同じでも「どんな気持ち(意識)でやっているのか?」によって、身につく能力には雲泥の差がでます。

東洋思想家である 安岡正篤氏の「知識・見識・胆識の三識が兼ね備わってはじめて人物の器量となる」という言葉があります。

『知識』とは、本を読んだり人の話しを聞いたりして知っているというレベル。
『見識』とは、知識に自分自信が体験や人格が加わった上での判断力。
『胆識』とは、腹を据えて行動すること、実行すること。

写真は講師の岡崎さん。

彼の本気の授業は生徒の心を本気にさせます。
目には見えないけど、この相手を本気にさせるスキルはきっと社会に出てからも通用する最大の能力(魅力)となるでしょう。

中3生の入試対策コースの準備が整いました!全員合格目指してとことん応援します!

dsc04684

誠心館では今年も10月から中3生対象の入試対策コースを開始します!

5教科をまんべんなく計画的に勉強して弱点や苦手を克服しながら入試本番で合格点を取れるように指導してまいります。

毎週土曜日の13時~17時までみっちり4時間! 

生徒の喜ぶ顏を見たい、そして保護者様のご期待に沿えるように残り半年間は講師と一緒に全力投球をしてまいります! 
入試対策コース参加の生徒は全員合格間違いなしです^^

写真は伊東先生が1対2で中学生を指導しているところ。誠心館の副リーダー兼教育担当として教室全体のスキルアップにも協力してくれてます。担当している生徒たちも確実に成績アップしていますね。

中学生を集めて”勉強のやり方”を皆で学びました!

dsc04695

昨日は中1、中2の生徒を集めて“勉強のやり方”を皆で学びました!

担当は講師の今井さん、県立伊丹高、伊丹北高の生徒たち。

内容はまず最初にリーダーを中心に小グループで日頃の勉強のやり方で困っていること等を話し合い、みんなでシェアしました。

そのあとに荒牧中学の生徒会長から自分自身が実践している定期テストに向けた5教科の勉強の進め方のスピーチ。

そして高校生たちからは高校入試に向けた勉強や副教科での内申点の上げ方、気分転換の仕方やノートの取り方、英単語の暗記の仕方、国語で絶対にやるべきこと等々、いろんな話を聞かせてくれました。

参加した生徒たちもいろんな“勉強のやり方”を先輩たちから聞くことにより、自分の足らない点に気づいたり、やるべきことを学べたと思います^^

今回参加した生徒たちは貴重な話がたくさん聞けて本当にラッキーでしたね!
1ヶ月後の中間テストに向けて、学んだ事を少しでも実践していきましょう。
その積み重ねが本当の勉強であり、さらにテストの点数にも結びつきます。

中3生の9月からの学習計画に関して思うこと。

dsc04677

中3生は最後の夏も終わり部活も引退しました!という人が多いのですが、残り半年となった入試に向けた勉強をどのように進めるのか?について書いてみたいと思います。

その1
通知表が4以上で私立の難関校狙いの生徒。
勉強は入試科目のみに絞りハイレベルの問題を数多くこなしながら弱点を克服する。
合格目安の偏差値にチャレンジし続ける。

その2
そこそこの内申点で公立高校狙いの生徒。
まずは2学期の定期テストに全力投球。内申点アップが最重要課題。
並行して公立の入試問題を念頭に中1~中2の学習内容もまんべんなく復習する。
バランスよく勉強するのが志望高合格のカギ。

その3
内申点の低さから公立高は断念。私立専願に決めた生徒。
高校に入学したあとに困らない学力を身につけることが大事。
中1、中2の数学と英語の基礎を徹底的に復習する。

単純に3パターンだけではありませんが、生徒の進路に合わせた指導をしてまいりたいと思います。

写真は講師の飛田さん。
本気度100%の熱い指導は必ずや生徒のハートに響いているでしょう。
彼の本気の指導をみていると心から嬉しくなります。

GNO(義理・人情・恩返し)を大事にする塾長であり続けたい!

dsc04682

昨夜、幻冬舎社長の見城徹氏の本を読みました。

ビールを飲みながら1時間ちょっとで読み終わりましたが、今回は137ページにあった“GNO絶対死守″が一番目に留まりました。

ある経営者の影響もあり、40代前半より自分なりに義理・人情を最優先にしてきたつもりでしたが、見城氏の本を読んで“恩返し”が抜けていることに気づいたのです。。。。

<すべての出来事は必然である>(船井幸雄)

だとすれば、このタイミングでこの言葉に出合う=”恩返し”を意識しなさいというメッセージだと受けとめました!

よく考えると75歳の母親に対して親孝行あまりしていないかも。。。
お盆前にお墓の掃除もやると言いながらサボったし(汗)

元誠心館の講師が仕事で悩んでいる!と小耳にはさんだのに、まだメールしていなかった。。。明日、連絡してみようか(汗)

とりあえずは明日から公私ともに総点検をして“恩返し”の実践をしてまいります。

写真は責任感も強く人間力もある並木先生が中2生に英語を教えているところ。
生徒を見る目と指導力は抜群で人間的にも信頼できる素晴らしい講師です。

ちなみに10月から始める中3生の入試対策コースのリーダーでもあります。

先週の土、日は臨時の保護者懇談をさせていただきました。

DSC0
4675

保護者様との振替、通塾曜日の変更、各種相談や提案などは日頃から主にメールでやりとりしております。
但しメールは用件を素早く伝えるという点において非常に便利なツールとして重宝しておりますが、込み入った相談事項などは私の想いや真意が伝わらないときもあるので、内容によっては教室にお越しいただいて懇談することにしております。

先週の土、日も3名の生徒の保護者様にお越しいただき意見交換をしました。ご足労ありがとうございます<(_ _)>

そして、中3生は2学期に入り志望高によってはテキストや勉強方法を変更する必要もあるので、保護者様と連絡を取りながら方向性の確認をしたいと考えております。

保護者の皆様へ、これからもよろしくお願いします。

写真はある日の授業。

奥では阿部先生が中2生3名に対して英語の授業。手前は並木先生が仲良し姉弟2名に対して個別授業。
誠心館は同じ時間帯に兄弟姉妹が一緒に授業を受けるケースもあります。
送迎が1回で済むというのが一番のメリットのようです。

荒中2年生 148点⇒309点 おめでとう^^

DSC04670

課題テストが返ってきました!

それぞれの生徒に点数を聞いてみると、ほとんどの生徒が点数アップしておりひと安心(^_^;)という感じですが、なかには中2生で1学期期末148点⇒309点に伸びている子がおり、私も担当講師もビックリ❢というケースもありました。

やればできるやん。  嬉しそうに報告してくれる〇〇くんの顏を見るとこちらも嬉しくなります。

彼の場合はモチベーションも上がり勉強のやり方も掴んだようなので、あとは自力で点数を上げることができるのかな?と思います。
最初のうちは手取り足取り教えるのも悪くありませんが、自分でできるようにしないと高校に行ったらかなり困ります。塾長としてはこれからも将来困らない方法(感謝してもらえるような)指導をしていきたいと考えております。

あと、中1~中2で夏期講習を申し込んだ生徒たちも軒並み点数アップしていたので、ホッとしました💦
追加で講習料もらって成績上がらないと保護者様に申し訳ないですからね。。。。

今夏の季節講習は中学生が1コマ(90分)2400円(税込・個別)という安い価格で個別指導させていただきました。

4800円~1万円弱で点数が15点~30点伸びた子も多いので、保護者様からすればコストパフォーマンスは良かったのでは?と思いますが、如何でしょうか?

写真は伊丹西高3年と武庫之荘総合高1年の仲良し兄妹。
いつも同じ時間帯に席を並べて勉強しています^^

そしてお兄さんの方は中2から誠心館に来ているので通塾4年。担当講師の阿部さんの熱血授業で成績も着実にアップ。志望大学合格に向けてトコトン応援しますので一緒にがんばりましょう^^

甲陽学院中3生に京都大学の入試過去問をやらせる!

DSC04673

9月になりました。荒中、天中の生徒たちは課題テストが返ってきました!

中1生の数名が「うーん?」という感じですが、中2生たちは復活していますね^^
一旦、ドーンと落ちて危機感を持っている子が伸びています。60→85点ぐらいの子がたくさんいます。
明日も生徒たちの点数を確認してまいります。

写真は9月1日(木)の20時半~の授業。
武庫高、西宮北高、伊丹北高、伊丹西髙、三田学園高、市立伊丹高の高校生チームが真面目に勉強しています。
また週1通塾の甲陽学院の中3生には京都大学の入試過去問(!)をやらせています。
もちろん、まだ解けませんが喰らいついてくる姿勢をみると将来どこまで伸びるのか?と期待させてくれる楽しみな逸材ですね。 

そういえば、今日は知人の息子さん(日能研の甲陽コース)が勉強に来ました。まだ小5ですが数学のセンスは抜群で一言えば十わかるタイプ。彼も育て方次第でかなり伸びると思います。

講師も生徒もお互いが切磋琢磨しながら、自分を信じてがんばってほしいと思います。