3月から続けている2次対策授業。誠心館初の国立大学合格を目指して!

dsc04733

いよいよセンター試験まで76日。
誠心館高校生の部第一期生となる伊丹北高のムーミンさん。

模試の結果もだんだんと上がり国公立大学の判定もBやⅭとなってきました!
あと一息です。

地方国公立大と違い関西の国公立大はセンターと2次の比率が5割(もしくはそれ以上)の所が多い。。。。。

なので、春からひたすら2次対策をやっております。
今は週1回、数学、物理の2次の特訓。難易度と出題傾向の高い問題ばかりをピックアップ。

11月と12月には点数を稼ぐためのセンター対策授業もやりますが、自分でできるとことは自分でやってもらい、自分でやりづらいところは塾がすべてカバーしていきます。
自習室も毎日来てくださいー

写真は太田先生。誠心館の講師陣は阪大・神大の理系メンバーで固めております。
研伸館、駿台、河合、東進の良いところを採り入れて効率のよい勉強方法を伝授します。

中学生時代からお預かりしているムーミンさん。

彼女と保護者様の笑顔を見るためにも中山さん、阿部さん、須貝さん、太田さん、藤谷さん、並木さんをはじめとした講師のみなさん、全力でサポートをお願いします!

ムーミンさんへ

あと絶対に合格するという強い意志も必要ですが、既に合格して大学生となりキャンパスを歩いている、講義を受けているイメージも大事ですね。
寝る前やお風呂の中でわくわくしながら、既に夢が叶い現実になっているところをひたすら想像する。

”想像が創造する” 

自分の人生は自分が主役。そして自分が日頃考えたり言葉にしている通りの人生を歩みます^^

dsc04734

私の考える<いい学校と悪い学校>について書いてみました

dsc04728

この季節になると中3生のオープンスクール巡りもひと段落。

いよいよ志望高を絞り込んでいきますが、とくに私立専願を検討している保護者様にとっては学校選びに頭を悩ませる時期でもあります。

通学距離、学費、部活、進路(進学実績)、校風、コース(特進、その他)、検討すべき項目は多岐に渡ります。

月謝の高い高校、偏差値が高い高校、大学の付属高校、部活が強い高校等々、何を基準に決断するのか?

私自身の考えでは誰にとっても“いい高校もしくは悪い高校”というものは存在しておらず、その生徒(もしくは保護者様)がいい高校であると思えば、その生徒(保護者様)にとっていい高校であり、逆にその生徒(もしくは保護者様)が悪い高校だと思えば、その生徒(保護者様)にとって悪い高校なのだと思います。

例えば伊丹北高はいい高校なのか?悪い高校なのか?

ある人にとっては最高の学校だろうし、ある人にとっては最悪の学校かもしれません。。。。

と前置きが長くなりましたが、そんな訳で志望高の相談を受けても、北高行ける子が西高に行きたい!といえば、それはそれで私の中ではぜんぜんオッケー。
少しでも難易度の高い学校に入れたいと気持ちはあまりありません。
行くのは生徒なので、生徒が決めたことを応援するだけです^^

報徳と履正社はどちらがいいの?と言われれば保護者様がいう”いい”とは何ですか?と質問します。
そして塾が知っている事実のみを提供して、どちらがいいという話はほとんどしません。

よく相談を受ける今の成績より”1ランク上げる、1ランク下げる”という話も同じ。

これからも生徒と保護者様のお考えを尊重しながら、志望校決定の相談相手をさせていただけたらと存じます。

日本中の人と友達になるには毎日10人友達ができたとしても3万年かかります

DSC04546

私が好きな草場一壽さんの本「毎日がいのちのまつり」を久々に読んでみたところ、いろんな気づきがありました。

中でも「毎日、毎日10人の新しい友達ができたとして、日本中の人と友達になるにはいったいどのくらいの年月を要するでしょう?3万年以上かかります。世界中の人と友達になるとすれば、180万年という途方もない年数になります・・・・・」というところで目が留まりました。

そう考えると、たくさん塾があるのにわざわざ誠心館を選んで働いてくれる講師たち、同じく誠心館に通ってくれている生徒たちとその保護者様、ひょっとしたら一生会うことがなかったかもしれないのに、絶妙なタイミングで出会うことができた人達。

ひょっとしてこの出会いも言うなれば天の配剤だといえるのではないでしょうか? 

ましてや誠心館開校時から通ってくれている生徒たちはよっぽどのご縁なんだと痛感します。。。

日本には古来から「袖振り合うも他生の縁」という諺がありますが、この他生の縁は仏教用語で深い因縁または前世に結ばれた縁という意味があるそうです。

前世があるのか否かはさておき、確率という考え方からしても出会いとは「稀な」「貴重な」なことであることに間違いありません。

そんなことを考えると、荷物を届けてくれる宅配便のお兄さんやいつも行くコンビニの店員さんまでもが自分にとってスペシャルな出会いだったんだと思えます。

そんなことを考えながら、今日も水曜日に来る生徒たちの授業の準備をしております。

生徒と講師の様子をみながら、いつも相性について考えています!

dsc04727

相性(あいしょう)とは、二人ないし複数の人間が各々持つ性質や性格が合うかどうかのことである。転じて、機械部品などの物に対しても、組み合わせが良い・悪いという場合に相性という言い方をする場合がある。・・・・・ウィキペディアより

個別指導塾の場合、よく生徒と講師の相性が合うか否か?が話題になりますが、そもそも相性という定義は上に書いてあることであり、一言でいえば“性格が合う合わない”のようです。

教え方がわかりやすい、自分の事をよくみてくれる、学校の話を聞いてくれる、ちょっとしたことでも誉めてくれる、説明が楽しい、宿題があまりない、生徒が講師を好きになる理由はいろいろありますが先生と生徒の信頼関係はかなり重要なので、私としても常に講師の言動や生徒の反応を見ながらチェックしております。

写真は誠心館の予定表

・高校生は国公立大学に向けての2次対策(週1回)

・中3生は入試対策(週1回)

・中間テスト45点未満(12時間の補習)

2学期中間テストはかなり苦戦。。。。補習(45点未満)に参加する生徒が増えております。

dsc04726

定期テストの結果が次々と判明しております。

数学、英語共に高得点の生徒たちもいますが、平均点前後さらには45点を切る生徒たちも結構います。。。。

そこで、今回は各自に意識変革してもらうことを目的に45点未満の生徒に対しては数・英共に補習(計12時間)をさせてもらいます。

私自身、強制という響きが好きではないので原則は自由参加にしますが、できれば親に言われて嫌々来るのではなく、<今の自分を変えたい!>という気持ちで参加してほしいですね。

確かに中学生の部活と勉強の両立は難しいと言われております。
ですが、人は全員平等に1日24時間という時間を与えられております。

可能性は無限大。

講師と共に信じる方法で生徒一人ひとりと向き合いたいと思います。少しでも勉強に取り組む姿勢が変わることを信じて。

5教科〇〇点アップで有名な学習塾の塾長とお話ししました。

dsc04723

先日、関東の某有名塾の塾長さんとお話しする機会がありました。

ちなみに一部の大手塾が営業でよく使うトーク「1教科20点アップ保証」に対抗して「5教科100点アップ」で生徒集めをしている学習塾です。

その塾長さん曰く「大手塾の場合は縛りが強い。例えば遅刻する、宿題をしない、講習は全部参加、〇〇をしない等々」一つでも条件にひっかかったら保証制度の対象外になる。しかし、うちはほとんど縛りがなく本当に点数アップさせている!」と豪語されていました!

そのノウハウの一部を教えてもらいましたが、教務で一番違うところは定期テスト2週間前から通常授業を一切せず、2週間毎日塾で5教科を一生懸命勉強させるというものです。
また、その2週間は指導はするが基本は生徒主体(自立型)でやり方のみを指導するという感じでしょうか?

その塾長さんもいろんな授業スタイルや教材を使い、変更を何度も繰り返しながら最後に辿りついたのが通常授業は1対2の個別+2週間毎日の定期テスト対策ということだそうです。

もちろん定期テスト対策は有料で16200円だそうです。
毎日面倒をみて点数アップをさせて16200円って安いので、参加は任意だけど人気があるとのこと。

あと「無料の定期テスト対策をうたい文句にしている塾もあるけど、テスト前に1回だけ過去問やらせるだけで成績なんか上がるはずないでしょ?やっぱり有料にしないと。」
「有料だと生徒もお母さんがお金払っているので、勉強しなくちゃという意識になるし2週間連続で毎日勉強すればほとんどの生徒は成績が伸びて当たり前。」
「これしかない!」との話でした。

他にもモチベーションアップの話を中心に多くの学びがありました。

さらに10月~12月は塾の講演会や勉強会に3つほど参加申込みをしております。
私も常に情報収集しながら、改善すべき点は即実行していきたいと思います。

写真は今井先生が中2生を指導しているところ。何故そうなるのか?どう考えたらいいのか?等、一つ一つを丁寧に優しく解説しています。

将来のうちのエースですね^^

昨日は3名の誠心館講師の院試合格のお祝いをしました。

dsc04725

昨年は宮本さん(阪大理学部⇒りそな銀行)と丸野さん(神大海事科学部⇒NTTコミュニケーションズ)の講師がともに大学院ではなく就職の道を選択しました。

今年の場合は須貝さん(阪大工学部⇒阪大大学院工学研究科マテリアル生産科学専攻)、上熊須さん(阪大工学部⇒阪大大学院情報科学研究科情報ネットワーク学専攻)藤谷さん(神大工学部⇒神大大学院建築学専攻)の講師が大学院に進むことなりました。

本当におめでとうございます。

ご存知ない方もおられると思いますが、大学院の研究室で勉強するには、もちろんテスト(院試)があります。
3名に聞いてみると倍率はそれぞれ約2倍。
単純に二人に一人は落ちるわけです。

落ちた場合はどうなるのか?といえば、他の研究室を探す、とりあえず海外へ1年留学(1年後に再チャレンジ)、就活する等々の道に流れるわけですが、誠心館の講師は全員合格したので、私としてもひと安心です^^

ということで、3名とも継続して誠心館の講師として働いてもらえることに。
塾長としては有難い限りです。

そんなわけで昨日はささやかではありますが、お祝いをさせていただきました!

次のお祝いは

高3生の合格祝いと中3生の合格祝いとなります。

最後の最後まであきらめずに生徒たちを叱咤激励してまいります。

写真はテスト日程と誕生日のお祝いボード。

中間テストが終わるとすぐに期末テストになります。

講師の皆さんも一人ひとりの生徒を笑顔にするためにも頭をフル回転させてください。

生徒に尊敬される人になる!というのが、誠心館講師の目指す方向です^^

テスト期間真っ最中。何点取りたいのか?がハッキリしている生徒は指導しやすいのですが。。。

dsc04715

現在、誠心館には中高一貫校と公立中学校の計11中学校の生徒が通塾しています。その中でも南ひばりが丘中、長尾中、天王寺中は1日で5教科を実施しますし、甲陽学院中は11日~17日、松陰中は17日~19日のようにテスト期間や日数はバラバラです。

また生徒の学習状況や学校の課題の進捗状況をみると、課題はすべて完了して暗記科目に全力の生徒もいれば課題提出メインでテスト対策の勉強になっていない(汗)生徒もいます。

だんだん成績が伸びてきている生徒はいいのですが、伸び悩みしている生徒の中でも45点取れない生徒に関して補習(有料・無料)を検討しております。

昨年も無料の補習を計4回やりましたが、英語の場合は単にひたすら英単語と英文を暗記する指導を3時間2回しただけでほとんどの生徒15~20点アップしておりました(汗)
よーするに書く時間、覚える時間を増やすだけで成績が伸びるということは単に学習時間の不足が低得点の原因ということです。案外とこの理由が多いんですよね。。。

60点⇒75点、75点⇒90点を狙うには、また別の勉強法になりますが、30~45点前後の生徒は第一段階として、ひたすら覚える習慣をつけてほしいと思います。

というか、まず〇〇点を絶対に取りたいという気持ちが一番最初にあることが絶対条件ではありますが。。。

写真は成績優秀な三田学園高と甲陽学院中の生徒を1対2で指導する講師リーダーの上熊須先生。

誠心館の講師になって3年目。多くの生徒を指導してきたので最初に比べると教え方が格段に上手になっていますね。これからも期待しております^^

いよいよセンター試験まで残り99日。自分を信じて勉強しよう!

dsc04720

泣いても笑っても入試の日はやってきます。

推薦やAOで早々と進路を決めるのも良し。
トコトン勉強して国公立や関関同立を目指すも良し。

大学入試はあくまで自分次第。

スポーツでも同じこと。
監督やコーチはアドバイスだけでなく具体的な指示をいくらでも出せますが、試合で実際に競技するのは選手本人。

自分は自分の人生の中の主役なんだし、自分の直観を信じてやりたいことをするためにも自分の勉強に邁進してほしいと思います。

“いま、ここ、自分”

いま、ここ、自分が何をするか?によって未来は刻々と変わります。

まずは自分を信じよう。すべてはそこから始まります。^^

10月2日(土)は中3生対象の入試対策コース(全24回)のキックオフでした❢

dsc04714

10月からは公立高の入試直前まで、例年通りに中3生対象の入試対策コースを始めます。
入試科目の5教科を中1~中3までしっかり学んでもらい、抜けている穴を随時埋めていきます。

そして今年の入試対策コースの担当は並木先生です。
やる気満々、リーダーシップを発揮しながら一人ひとりの実力に合わせた細やかな指導で全員の志望校合格まで責任持ってやってくれることでしょう。

毎週土曜日の4時間の特訓+補習(3時間・自由参加)はかなり長くて大変ですが、私立の入試まで129日、公立の入試まで159日しかありません。
中3生は入試日前に後悔しないように残り半年を全力投球してほしいと思います。

写真は今年の入試対策の教材。
英語2冊、国1冊、理2冊、社2冊、数1冊。
英単語は毎回テスト。他の教科も2週間に1回はテストを実施します。