昨日は中3生対象の面接練習会を開催しました。

DSC04974

昨日は面接練習会を開催しました。

全体の企画とコーディネートは入試対策担当の並木さん(阪大工学部)
カメラ担当は塾長で面接担当は中2生の保護者様がご協力していただけることに。

そして、今回の参加者は荒牧中、天王寺川中、安倉中のメンバー。

事前の予想では準備不足と緊張でボロボロになる生徒が続出かな?と思っておりましたが、いざ蓋をあけると意外や皆バッチリで驚きました^^

もちろん面接官以外に見学者もいるしカメラもあるので、緊張から言葉を忘れることもしばしばでしたが想定の範囲内です^^

全員が面接者だけでなく評価役をしてみたり、映像で自分の挨拶や言葉、挙手、姿勢をチェック。
自分の姿だけでなく声の大きさから滑舌までを他のメンバーと比較しながら自分の目と耳で確認できたので、今回の練習会はきっと参考になったと思います。

最初は1回完結のつもりでしたが、どうしても公立推薦組は一発で合格させたいので、2回目の面接練習会もすることにしました!

さらに小論文も不安(時間内で書けるのか?)という声があるので、自習の時間にタイムを計って書くトレーニングもすることに。

ここ最近は無料イベントばかりやっているので経費も膨らむ一方ですが(汗)、ご縁のあった生徒たちを志望高に一発合格でさせたいので、がんばりたいと思います。

2月から生徒ブログに尼崎稲園高1年の音々(ネオンさん)が登場します^^

DSC04972

現在、誠心館のホームページで一番人気なのは“塾生ブログ”です。

このブログは生徒たちの学校の出来事や塾の様子を生徒目線でそのまま投稿したら面白いのではないか?という観点で2014年5月からスタート。

最初はごく一部の人しか読んでいない無名のブログでしたが、今は誠心館の保護者様だけでなく同年代のご父兄や学校関係者のファンの方も多数おられるようです。

ブログのスタート当初は塾長が文章の修正をするときもありましたが、ここ2年半は完全にそのまま無修正で掲載^^  裏話を書くと題名と絵文字の追加のみ塾長がしております。

そんなリアルで無修正かつ本音のブログだからでしょうか? 保護者様以外からも『女子高生の気持ちがわかりました、うちの子にも優しくなれました、北高の雰囲気がわかりました!』というお礼の言葉やメッセージをいただくことがあります^^

そんな人気者だったムーミンさんと朝日さんも3月で塾を卒業します。

長い間、ブログを書いてくれたムーミンさんと朝日さんには本当に感謝です。
さらに徐々に成績も上がり続けて3年には北高上位の成績、かつセンター試験も満足できる点数獲得ができました! ブログでいい点取った!と書きたいという気持ちも多少働いたかもしれませんね^^

ということで、次のブログ担当者をご紹介します。

尼崎稲園高1年の音々(ネオン)さんです(上の写真)

誠心館のブログに細かいルールはありません。
自分自身の感性で学校生活を中心に日々の出来事を楽しくポジティヴに書いてもらえたらと思います。

多くの人に自分の考えや想いを発信することで、彼女自身のアイデンティティが確立していくのではと思います。
彼女の成長も楽しみです^^

下の写真は新人講師の武部桜子先生。市立伊丹高1年と報徳高1年に数学を指導中。
(反対側は伊東春香先生が県立伊丹高1年と西宮北高1年を指導中)

誠心館は開校以来、講師は体育系男子が中心でしたが武部桜子さんのデビューでかなり雰囲気が変わったような気がします。
彼女の成長も楽しみですね。
DSC04970

宝塚の先輩塾長のところへセンターの結果を聞きに行って思ったこと。

dsc04734

塾の授業が終わり、講師を自宅に送り届けた後に仲の良い先輩塾長のところを訪問しました!(夜中の23時過ぎ)

センター試験の結果を聞いてみると10人がチャレンジして、1人を除いて他の9人はまずまず。もちろん7割取れてない子もいるけど、ほとんどの生徒が地方の国公立大学を選択したのでなんとかなりそうとのこと^^

まだ決まっていない生徒は?と聞くと

センター8割以上取ったトップの子が阪大、神大で悩んでいるのと、同じく7割取った子が兵庫県立大学、神戸市看護大学で悩んでいるそうです。

ちなみにこの先輩の塾でもう1人のエースだった子は8割楽勝の予定がまさかの6.5割という結果に。。。
一発勝負のセンターの怖さですね。

ただ、彼はその結果をそのまま受けとめて志望校も変えず、私立も受けず、浪人もせず、落ちた場合は就職する(驚)という覚悟で2次試験に臨むそうです。

落ちたら就職っていうのはどうか?と思うものの、自信を失くして引きこもってしまう子もいるなかで、覚悟を決めて前進できるというのは、きっと親御さんの育て方が良かったんでしょう。

センターでの失敗、屈辱と焦燥の中で勉強、そして2次試験への挑戦。

塾の立場からすると不謹慎と言われそうですが(汗)、お叱り覚悟で思い切って書いてしまうと、今回の出来事は彼にとって人間力アップにつながる経験そのものだと思います。

人生には失敗の中からしか得ることができない(学ぶことができない)体験というものがあります。
もちろん成功体験も必要ですが、社会で成功している人は必ず大きな失敗体験を乗り越えている人です。

“人間万事塞翁が馬”

私の座右の銘でもあることわざ。

どんな出来事でも受け取り方次第で人生の肥やし(糧)になります。

私も若い時はblogに書けないほど苦労と挫折の連続でしたが、その経験のおかげで社会に出てからの不条理な出来事や大きな壁を何とか乗り越えることができました。

今回も偉そうなことを書いてしまいましたが、考え方はいろいろあって当たり前。

参考にしてもらえる人が一人でもいれば嬉しい限りです。

必要な人に今回のメッセージが届きますように^^

毎日がドラマ。生徒一人ひとりの成長をサポートする仕事はやりがいがありますね。

dsc04841

センターが終わり、次は私立高と公立推薦組の試験日が近づいてきました!

私立専願、併願組はまぁ大丈夫だろうと思います。

しかし、報徳高(特進)併願の生徒は少し油断し過ぎかも?
過去問はまったくやってませんねー。夏から難関問題集をやっているので自信があるのはわかるし、公立高が本命、さらに併願でも廻しで100%合格だから気持ちはわかるんですけど^^;

次に関大一高(専願A)の生徒。
合格確定は嬉しいことですが、入学後の同級生は各中学校のオール5(5教科450点以上)が普通のメンバーばかり。入試対策はそこそこにして、高校生の先取り学習もしていきたいと考えております。

それと尼崎稲園高(推薦)の生徒。
担当講師(須貝さん)を決めて、稲園高の過去問+市販の難関問題集をひたすらやらせて猛特訓しております。内申点と偏差値の高さを考えれば一般入試で100%合格できますが、できれば推薦で一発合格してほしいですね。少しだけ木村塾に対抗心を燃やしております(笑)

中学3年生には人生最初の岐路となる高校入試があります。

自分のドラマの主人公は自分です。 
まだ夢が見つからなくてもいいけど、まずは自分の信じた道に向けてまっすぐ行動してほしいと思います。
その先に夢や目標、やりたいことも見つかるはず。

塾長は52歳ですが、気持ちは今でも30代(笑)

自分の夢(使命)である“地域の子供たちを元氣にする”ために勉強ができる子もできない子も関係なくご縁のあった子供達の応援団長の気分で仕事に邁進しております。

当面の目標はビリギャルの坪田先生です^^

高校生向け特別講座(国語編) 点数アップさせるための基本スキルを学ぶ~

DSC04961

昨日は藤谷先生(神戸大学工学部)の国語の特別勉強会を開催しました(参加費2000円)
参加者は三田学園高、報徳高、神戸竜谷高、尼崎稲園高のメンバー。

駿台予備校で国語のコツを学んでから常に偏差値65をキープしていたという藤谷先生。
今回は前半に国語の読み解き方の基本、後半にセンターの過去問を一緒に解きながらの解説というスタイル。

国語は時間的な制約があるので、短時間で背景や作者の意図を掴む、文章を読まずに問題を解く(!)、記号をうまく使う方法はじめ、点数を確実にアップさせるテクニックを中心にした内容でした。

問題は昨年のセンター試験の問題を使いましたので、選択肢がある場合の模試対策。

参加者の生徒の皆さんへ。

長時間の講座お疲れさまでした!

誠心館は“やる気”のある生徒に対してはトコトン応援する教室です^^
一緒に夢を掴みましょう。

高3の生徒から嬉しい伝言がありました!

DSC04932

昨日の話

伊丹西高3年の生徒が私の横に来て

生徒「塾長、僕が3月まで塾に来たあと、4月から今度中1になる弟を来させるってお母さんが言ってるんだけど、手続きどうしたらいいんですか? お母さんが聞いといてって!」

私「えーっ? Yくんに弟っていたの?」

生徒「はい。3人兄弟ですよ」

私「そうなんだ。3人兄弟の一番上かぁー いろいろ大変やったねぇ^^ お母さんには2月か3月に打ち合わせお願いします!とお伝えしといてくれるかな」

生徒「(ニコっと笑い)はい。わかりました。そう伝えます!」

塾長にとって弟、妹を入塾させたいというお申し出は何よりも一番嬉しいお話です。
やはり、兄弟姉妹を誠心館に入れたいということは誠心館に満足していただいている証ともいえるので、塾をやっていて良かった!!ぐらいの気持ちになります^^

とくにKくんのお宅とは5年のお付き合い。さらに高1の妹さんも中学生の時から通塾してくれており有難い限りです<(_ _)> 3兄弟が全員誠心館で学んでくれるなんて光栄そのもの。心から感謝です^^

ちなみに電話や懇談会の時に弟、妹を4月から入れたいというお話は今のところ7件ほどあります^^

中3生→高校生の部にどれくらい残ってくれるのか?にもよりますが、今春は塾の折込チラシをやらなくても割と早く満席になりそうな予感です。

これからも生徒と保護者様に信頼される教室運営を心掛けてまいります。

保護者の皆様、よろしくお願い申し上げます。

写真は今井先生。最近、生徒の人気が急上昇!
優しい言葉遣いや親身な姿勢が好感度を高めているのでしょう。

生徒ブログの朝日さん、ムーミンさんのセンター結果。

DSC04904

センター試験が終わりました。

TⅤでは雪の影響や不正行為のことがニュースになっておりましたが、塾長としてはそんなことはどうでもよくて誠心館の生徒の成績が一番気になりますし、またこれからどうしていくのか?を考えております。

生徒ブログを書いてくれてる伊丹北高生たちは目標をやや下回ったものの、何とか及第点というところでしょうか? 
志望校の変更はせず、2次に向けて最終の追い込みをしてまいります。

理系のムーミンさんは10か月に渡り2次対策をやっておりますが、勉強にやり過ぎはありません。
数Ⅲの記述の特訓をしてまいります。

文系の朝日さんも夢に手が届くところまで来ています。
数学はやらなくてよくなりましたね^^ 英語の総仕上げに頑張ってほしいです。

滑り止めに関関同立も受けると思いますが、ここまで来たら初志貫徹で国公立大学にこだわってほしいですね。万が一、ダメな時でも一生懸命に挑戦したことは自分自身の大きな宝となります。

自分を信じて夢を叶えましょう。

写真は誠心館の講師陣。

やる気のある生徒をトコトン応援してまいります。

地域の個別指導塾の中では成績優秀な生徒が多いと思います。

DSC04411

集合は頭がいい子がいき、個別は頭が悪い子がいくところ。

集合と個別の両方をやっている塾はそんな分け方をしているところが多いようですが、誠心館は個別しかやっていませんが、成績優秀な子も集まっている個別だと思います^^

公立中では5教科全部5、5と4だけの生徒が数名いますし、内申200点以上、5教科で400点以上という生徒、数・英85点以上という生徒が何人もいます。
(と言っても、週1回数学又は英語の生徒が多いので、内申点の高さは塾の力ではなく本人のガンバリそのものです^^;)

もともと成績優秀な子が来て、その成績を維持しているというべきでしょうか?

しかしながら、まだまだ低迷している生徒もいますし、とくに中2生の成績底上げをなんとかしたいと考えております。
ちなみに塾長の一番下の息子(中2生)も塾に復帰させることに。。。。

新年早々にセンターもあるし、公立推薦もあるし、高校生のボトムアップもあるしと大忙しですが、これが今生の使命だと思うので、できることは何でもやってまいります。

誠心館プロジェクトメンバーのミーティングを開催しました。

dsc04947

昨日は第2回の誠心館第2ステージPJミーティングを開催しました。

今回は滋賀・京都で多店舗展開している学習塾経営者兼コンサルの永濱先生をお招きして生徒たちの成績を上げることをテーマに討論しました。

自らも塾長として活動しながら、多くの塾の顧問、アドバイザーとして活躍されている永濱先生。
誠心館には3年ぶりにお越しいただきました。

当時は講師6人生徒も45人ぐらいでしたが、今は講師15人生徒も86名と成長しております。
教室のキャパの問題もあるので、生徒数は現状維持で良いとして今後は授業の質の向上や教室運営の充実を図るために第2ステージPJという名のもとに3名の講師を中心に課題解決を推進してまいります。

勉強も仕事も微差が大差につながります。

メンバーの3人にはアイデアをカタチにする、仕組みを作る、議論を深める、共同で作業する、予測する力を養う、メンバーをリードする、自分の意見や考えをまとめる、人の役にたつ、実績を上げる等々、多岐に渡る経験を積んでほしいと思います。

一緒に楽しみながら(生徒達と自分の)夢をカタチしていきましょう。

すべては“いま、ここ、自分”です。

日曜日にもかかわらず、集まってくれてありがとう^^

dsc04949

誠心館に新しい講師が来てくれました。初日は伊東先生の研修です^^

dsc04939

年末に面接させていただいた武部さん(4月に大阪大学編入学の予定)

1月6日(金)の本日が初出勤^^

そして研修は教育担当の伊東先生(神戸大学医学部)

最初に誠心館のルール&マナーや就業規則の説明。
そのあとに基本的な授業の進め方や教え方。さらにケーススタディを含めた指導方法についてレクチャー。

また伊東先生が生徒になっての模擬授業や中学生を相手に伊東先生と一緒に教え方の練習。

しばらくは他の講師の指導手順や教え方を見て覚えたり、ベテラン講師と一緒に指導しながら「塾の仕事」「教えるとは?」「生徒とのコミュニケーション」「信頼関係を築く」等々、体験しながら学んでいきます。

最初は戸惑うことばかりだと思いますが「人の成長を応援する」仕事の楽しさと難しさを肌で感じながら、生徒たちに頼られる講師になってほしいと思います。

dsc04938