3月度の講師ミーティングをしました! その後は歓送迎会です。

DSC05121

昨日は講師ミーティングをしました。

内容は講師三大原則の再確認、4月からの授業の進め方、各種帳票の変更、新年度の年次モットーの選定、理社内申対策コースの内容、各スタッフのお役目確認、生徒の成績別指導法、講師のシフト等です。

さらに新年度は「生徒と保護者様の満足度アップ」を掲げて運営したいという内容のお話もしました。

生徒と保護者様は塾(誠心館)に何を求めているのか?(優先順位)
そのためには誰が何をするのか?(具体的な手段)
何を持って満足度アップを判断するのか?(数値化)
コストパフォーマンスは?(費用対効果)

今年度は折に触れて、このテーマを基に講師ミーティングを進めていきたいと考えております。
プロジェクトリーダーの伊東先生(神大医学部)よろしくです^^

ミーティングのあとは恒例の懇親会(歓送迎会)
今回はベテランの太田先生(阪大理学部)の送別と新人の西岡さん(神大医学部)の歓迎会^^

場所は誠心館の元生徒の保護者様のお店で開催しました!

それにしても、今回もかなり盛り上がりました^^
武部先生(阪大人間科学部)の人を動物に例えるワーク(笑)、田中先生(阪大工学部)のジャグリングのショー。
皆、素晴らしい個性を持っていますねー。

ということで、明日から4月です。

講師と力を合わせてがんばりますので、保護者の皆様よろしくお願い申し上げます。

DSC05126

4月から県立伊丹高の生徒2人が入塾してくれることになりました!

DSC05098

塾の2月~4月は入試と卒業、そして新年度生の入塾と生徒が大きく入れ替わる時期です。

なので、誠心館も無料体験授業を積極的に受け入れております。

とくに高校生の部は阪大、神大の学生講師が丁寧に個別指導しているという評判のおかげで生徒数が着実に増えております。
近隣の有名・ブランド塾ほどのネームバリューはありませんが、生徒の保護者様には誠心館=シンプルで良心的な塾であると思っていただいているはず。弟や妹を入れるなら絶対に誠心館。と言ってもらえるように今後もがんばりたいですね。

そして4月からは県立伊丹高の生徒2名が入塾してくれることになりました。

しっかりサポートして生徒・保護者様ともにご満足いただけるように講師と力を合わせて指導してまいります。

写真は新小5生。誠心館のホームページのモデルになってもらうことに。
ここ最近は成績がグーンと伸びて、本人もお母さんも大喜び。塾長も嬉しいです^^

伊丹北高のムーミンさんの進路が決まりました!これからもずっと応援しますよ^^

dsc04840

昨日、1ヶ月ぶりにブログ担当だったムーミンさんと会いました。担当だった中山先生も一緒です。

事前に関西学院大理工学部は行かずに浪人して京都工芸繊維大学を1年後にもう1回狙うと聞いていたので、今回は進路相談ではなく彼女が進路を決めた過程や気持ちを聞きながら、少しでも慰労ができたらなぁーという感じでの“たこ焼きミーティング”です^^

センターで72%しか取れなかったこと、ボーダーが78%だけど勝負したこと、昨年の問題が簡単だったから少し油断したこと、関学に合格できたこと、2次で大逆転を本氣で狙っていたこと、駿台に行くこと、コースはスーパー難関大コースにしたこと・・・・・・

いろんなお話を聞かせてもらいましたが、私としては中3生の時からずっと見ているだけにホントに成長したなー!と思いましたね。そして、1年間がんばるという決断はきっと彼女の胆力を一段と高めてくれるでしょう。

現役の時と違い、浪人生のプレッシャーは半端じゃありません。

それに大阪の梅田は遠いので授業のない日は誠心館の自習室を存分に活用してください。もちろん講師の手が空いているときは質問も可。卒業しても誠心館の講師全員で応援します^^

<生徒に尊敬される人間力を身につける>に意識を向けて指導しよう!

DSC05115

誠心館は1日の授業のスタート時に講師全員を集めて小ミーティングをします。

その中で先週から講師たちにお願いしているのは講師三大原則の2番目にある<生徒に尊敬される人間力を身につけます>というフレーズに意識を向けてほしいということです。

同じ言葉でも52歳の私が考える“尊敬”と32歳違う20歳の講師が考える“尊敬”はかなりの温度差がありそうです。

ひょっとすると講師が考える“尊敬”というのは、二宮金次郎や野口英世みたいな偉人・賢人を思い起こすかもしれませんが、私はそのずっと手前の親しみや好感を持ってもらう、そして信用を得てファンになってもらうというようなレベルで充分にオッケーだし満足できます。

大阪大学工学部は確かに東京大学、京都大学、東京工業大学の次に難易度が高い大学(日本で4番目)であり、近隣の並の大学生とは比較できないほどの学力差があるという点においては紛れもない事実であり立派なことであると思います。

ですが、その事実だけで生徒達をいい方向にリードしていくことは難しいですね^^

解けない問題をわかりやすく解説するのは当り前の世界であり、その一歩上をいくのが“人間力”の向上につながる道だと思います。

生徒の成長はもちろんのこと、講師も誠心館でどんどん成長してほしいと願っております。

塾長も率先垂範がんばります^^

下の写真は頂き物。

名前からして凄い^^; 

ビビっときました!

天から誠心館も名前負けしないようにと応援メッセージをもらったような氣がしました!
ありがとうござます<(_ _)>

DSC05116

4月から定期開催(予定)の学びCAFE。躾や教育を少人数で話合う場を設けます。

DSC05088

学校やPTAではあまり教えてくれない家庭内での躾や教育。

昔は地域の井戸端会議や祖父・祖母のサポートがありましたが、今はそんな場もなくネット、とくにSNSでのやりとりで情報収集している人が多いようですね。

そこで、4月から子供の教育を話し合う井戸端会議(茶話会)“学びCAFE”を開催させていただくことに^^

発端は私が保護者懇談をさせていただく中で、“このお母さんの悩みはあのお母さんだったら上手にアドバイスできるのになぁー”ということがたびたびありますし、このお母さんの話は他のお母さんにも聞かせたい!と思うこともしばしばです。

また、“子供が家で勉強しない”という悩みに関しても、同じ悩みを持った親同士が茶話会形式でざっくばらんに話し合う中で腑に落ちる答えを見つけたり、新たな方向性を発見できるのではと考えております。

初めての試みなので、どんな展開になるのか?
予想しにくいのですが、女性ばかりだと圧倒されるので(汗)、事前に男性保護者様2名に参加の承諾をいただいております。

初回は4月16日(日) 参加費300円(ケーキ、コーヒー付)

保護者の皆様へ

塾報VOL.1の一番下のところに載っております。4月に入ったら再度ご案内いたします!
先着10名(予定)

上の写真は県立伊丹高と尼崎稲園高の生徒。

二人ともやる氣満々なので、2年になった時の成績が楽しみです^^

公立高の入試は全員が第一志望高に合格できました。皆、よかったね^^

DSC05093

昨日、公立高校の合格発表がありました!

結果は全員が第一志望高に合格できました^^

2月末から過去問と予想問題を仕上げで何回もやっており、全員が合格予想の点数を充分に上回っていたので、大丈夫だとは思っていたものの、世の中100%というわけにはいきません。。。。

これで中3生は全員の進路が確定しました! 

私も肩の荷が少し軽くなりました^^

なので、今晩は自宅でひとり祝杯をあげたいと思います。

そして、明日からは心機一転で新中3生の指導に邁進します。
そういえば、18日(土)19時から新中3生たちを対象に高校進路説明会を開催しました。
入試の仕組みや内申点の出し方、全体スケジュール等を説明しましたが、理解してくれたかな^^;

写真は教室前の花壇。

毎朝、水やりをしておりますが、草花はすぐに伸びたり花が咲いたりする品種もあれば、半年後に成長したり花が咲いたりする品種もあります。いろんなタイプがあるのは自然の理であり、まさしく人間の子供たちと一緒ですね。

誠心館の小学生の部はとにかく“勉強を楽しく学ぶ”を念頭に個別指導しております❢ 

DSC05084

誠心館の小学生の部。

勉強の合間によく皆でボーリングをします^^
これが結構盛り上がりますねー

塾=怖い、面倒、宿題多い、楽しくない(行きたくない)

小学生たちがイメージする塾はそんな感じのようですが、誠心館は”楽しみながら地頭を鍛えたい”と思ってますので、遊びの要素をたくさん採り入れております。

授業は90分。
内容は➀百ます計算、⓶パズル(低学年)、⓷思考力問題、➃教科書準拠ワークの順番です。
途中にダーツやボーリングをするときも^^

これからも子供達が通いたくなるような塾運営を心掛けてまいります。

ちなみに本日、新小3生(女の子)の入塾が決まりました❢
大切に育てていきたいと思います。

DSC05064

春期講習で挽回することを決めた県立伊丹高新2年生。やると決めたらトコトン応援しますよ^^

DSC05054

進研模試の成績はまずまずだけど、高校の定期考査では今いち成績が伸びない。。。。

ということで春期講習で挽回する計画を立てている県立伊丹高新2年生。
そしてヒアリングしながら、学習計画を立てているのは並木先生。

明るく優しいイメージかつ丁寧な指導は生徒の間でも人気です。

しかし、高校生の指導方法は彼独特の理論に基づいたシンプルながら奥が深い内容。。。
彼女も並木流の大まかな宿題やテーマに戸惑うばかり^^

塾や予備校に行かず、家と学校の勉強のみで伊丹北高からセンター試験89%、阪大工学部現役合格という実績がある並木先生。効率の良い勉強方法を的確に指示していきます。

センスはあるけど勉強不足(失礼)だった彼女もきっぱりと目覚めたようなので、これからのがんばりと成績が楽しみです!

ちなみに今週は小学生1名、中学生3名、高校生2名の体験予約があります。

どんな子供達が来てくれるのか? 今からワクワクですね。

たまには小学生の部もパチリ^^

皆、素直でいい子ばかりです!

DSC05058

誠心館のリーフレットが完成しました! 多くの人に見てほしいですね^^

DSC05056

そのうち作ろうと思いながら、後回しになっていた誠心館のリーフレット。

やっと完成しました^^

ホームページに伝えたいことは全部載っているので、塾探しをしているお母さんたちが教室へ資料ください!とやって来ても「資料ないんです。ホームページを見てください~」と愛想のないことを言っておりました。

しかし、リーフレットが完成したのでこれからはバンバンお渡ししてまいります^^

資料だけほしい方も大歓迎。

教室にばれないように(?)こっそりほしい人は夜だけお借りしているカフェシュー(第2教室・自習室)にも置いてありますので、お気軽にお持ち帰り下さい。

DSC05057

誠心館卒業生が神戸大学医学部(保健)の合格報告をしてくれました❢

DSC05053

昨日の話

突然、電話が鳴って
「以前、お世話になった西岡です。神戸大学合格しました❢ それで、今から誠心館へ報告に行きたいのですが。。。。」という声が聞こえてきました(驚)

電話口から伝わる嬉しそうな声。

ちょうど1年前、元誠心館の講師の丸野さん(現NTT勤務)と二人三脚で京都工芸繊維大学を目指しながら断念した時の様子が目に浮かぶと同時に、浪人生活に自らピリオドを打ち、合格を勝ち取り笑顔満面だろう彼にすぐに会いたくなりました^^

「おめでとう! うん。待ってるよ。今日だったら21時30分頃に手が空くからその頃に来てくれるかな」

久々に会う彼は県立伊丹高在学中の時の雰囲気とは違い、一本筋が通った感じがしました。
きっと、葛藤や焦燥感を持ちながら猛勉強した1年間に渡る浪人経験が彼を精神的に強くしたのでしょう。逞しくなった彼を見て、さらに嬉しくなりました。きっと、ご両親も喜ばれているでしょう。

教室では彼を知っている並木先生と須貝先生と私で大歓迎^^
昔話で花が咲きました。

さらにそのあとは4人でラーメン屋に行って話の続きをしました。
ラーメン屋では須貝さん独特の楽しいトークで爆笑の連続。さすが誠心館のムードメーカー^^

ちなみに西岡くんに誠心館の講師を打診したら二つ返事でオッケーとのこと。

早速、新人研修を伊東さんに頼むことにー

本当に嬉しくて楽しい1日となりました。