今期の年次モットーですが、講師たちの想いが凝縮していますね。

DSC05180

誠心館では毎日18時45分から小ミーティングをして、そのあとに全員で年次モットーを唱和します。

毎年4月に1年間を通じて実行すべきテーマを年次モットーとして定めており、平成29年度は“個性と自主性を大事にする”という2点を重点項目としました!

ちなみに個性という点では、成績を伸ばす!という最優先課題とは別に“生徒の夢や志を応援する”という裏メニュー(?)もあります。人間は一人ひとりが得意や苦手の分野が違いますし、個々の能力やセンスもまちまちです。

なので、他人の目ばかりを気にするのではなく、自分の直観を信じて自分の道を進んでほしいと思います。

神戸大学工学部で都市計画を学びたい、関西看護大学で看護師の道を歩みたい、武庫川女子大の薬学部で学び将来は薬剤師になりたい、具体的な仕事はイメージできないけど関西学院大学経済学部で学びながら将来を考えたい、やっぱり近畿大学が好き、大学はやめてコンピューターの専門学校に行きたい、人は自分の人生(ドラマ)の主役だから、自分が何をしたいのか?何をイメージしているときにワクワクするのか?を中心にして自分の将来を考えてほしいですね。

勉強はもちろんですが、そんな将来の夢や志の応援もしていきたいと思います。

下の写真は私立中学2年の生徒と今井先生。いいコンビです^^
入塾3年目の彼女は学年トップの成績を維持しておりますが、このペースを保てるようにスタッフ一同サポートしてまいります。

DSC05170

荒牧中2年、伊丹西高1年の生徒が体験学習に来てくれました^^

DSC05096

学校も始まり、新しいクラスにも慣れてきた生徒たち。

塾の方も4月の新学期は学生講師が大学の授業の関係で一斉に曜日変更を希望します❢

さて、どうなるのか?と少しドキドキしておりましたが、なんだかんだといってバランスよくシフトが組めました。
生徒で曜日変更をお願いしたのは4名だけ。あとは全員が希望通り(そのまま)で対応できることに^^

幸先がいいですね。

さらに今週は火曜日に荒牧中2年生、水曜日に伊丹西高1年生が体験学習に来てくれました。
どちらの生徒も数学は結構できるタイプみたいです。

荒牧、鴻池には塾がたくさんあるので、いろいろ比較してから誠心館を選んでくださいねー。
待ってます^^

写真は小学生の部。4年生の女の子。

基礎はできているので、少しづつ難しい問題もやっていきます。
将来楽しみな生徒です^^

喫茶店のマスターに学習塾のチラシをもらいました!

DSC05155

近所の喫茶店のマスターが学習塾のチラシ2枚をくれました!

新聞を取っていない私に参考になるかもと、いつも気を遣ってくれます(感謝)

ちなみに今回もらったチラシは関西個別指導学院とキャンパスです。

どちらも大手ですね^^

30代の頃、前職で広告企画本部に在籍したことがあり、電通や博報堂のメンバーと仕事をしたことがあります。
ターゲットに対するアプローチの手法を横文字連発でプレゼンしたり、仮説と仮説をぶつけて討論した会議が懐かしく思えます。
ちなみに電通の若手は会議の内容をドイツ語でメモしていました。。。。

そんな思い出に耽りながら、このチラシも広告関係のスタッフが一生懸命考えて作ったんだろうなーと想像してしまいます。全体的なバランスもいいし、自社の強みをわかりやすく訴求しているところがいいですね。

どの塾も子供達のために頑張っています。
講師も子供達の笑顔が見たいから、仕事以外の時ですら担当生徒の事を考えたりします。

塾業界の一員として、お預かりした生徒を伸ばす、笑顔にするお役目をしっかり務めたいと思います。

写真は講師の阿部さんと須貝さん。

授業後も残って指導方法について意見交換するときがあります^^

高校入試まであと10か月。志望高を定めて勉強してほしい❢

DSC05157

もうすぐゴールデンウィークですね^^

生徒たちもいろんなイベントが目白押し。
だけど、中1と中2生はさておき、中3生はとにかく勉強してほしい。。。。

塾のためではなく、親のためではなく、自分のために。

“今、勉強しないでいつやるの?”

どこかで聞いたようなフレーズですが、とりあえず1学期の中間テストと期末テストに向けて全力投球してください。
塾はいつでも応援してるし、その気ならどこまでもサポートします。

但し、やる気のない人は後回しになりますよー。

写真は中3生の《決意表明》 計23名の志望高と自分への戒め&やるべきを貼っております。

まだ、志望高が決まっていない生徒も半数ぐらいいますが、意識を向けさせるために現段階での目標高校を書かせています(変更はいつでも可) 少しでも入試に対する気持ちを高めていきたいですね。

まずはそこからです。

追伸
昨日は長尾中1年の男子生徒の入塾手続きがありました。これで長尾中生が2名に^^

雲雀丘高校の生徒が入塾してくれました!

DSC05154

ここ最近は高校の部の生徒が少しづつ増えています^^

今回は雲雀丘高校1年生の女子。

距離的には近い高校なのですが、今まで何故かまったくご縁がありませんでした。
なので、雲雀丘情報はまったくないのですが(汗)、今回の入塾をキッカケに勉強してまいります。

ちなみに誠心館の高校生の部の約半数が県立伊丹高と伊丹北高の生徒たちです。

そして、大阪大学と神戸大学の学生講師たちが生徒の一人ひとりの希望に合わせて何でも教えるという変わった塾ですが、その自由さが嬉しいという声をたくさんもらっています^^

全体では8割ぐらいの生徒が塾教材を購入せずに学校教材(もしくは市販教材)で勉強しています(2割は普通の塾みたいに塾テキストをやっています)

小中学生の部は6年目、高校生の部は4年目となりました。

これからも便利・シンプル・安い学習塾であり続けられるように、地域密着でがんばります^^

下の写真は西岡先生(神戸大学医学部・保健)

1ヶ月経ったので、少しお仕事も慣れてきたようです^^
どれくらい成長してくれるのか?彼の変化も楽しみですねー

期待しております。

DSC05153

第1回学びCAFEを開催しました。参加の保護者様ありがとうございます。

DSC05149

今日は以前からやりたかった保護者様の井戸端会議を目指す(?)“第1回学びCAFE”を開催しました。

第1回目なので、今回はスペシャルゲストとして京都の木津第2中学校の北澤先生にお越しいただき、40分ほど教育や人間力についてお話いただきました。そのあとはケーキとコーヒーを飲みながら自己紹介タイム。最後にテーマディスカッションという流れでした。

ワークは私がファシリテーションをしましたが、なんとなく笑いは取れたものの、まとめがいまいちだったような気もします。。。。 保護者の皆様、いかがでしたでしょうか?

いろいろな意見や報告がされましたが、これからも子育てをテーマに楽しい話、役に立つ話、参考になる話をお互いに発信したり、学べる場になるようにしてまいります。

次回は6月に予定しております。決まり次第、塾報・メールでご案内しますので、よろしくお願い申し上げます。

追伸

今日の参加者を見たら全員が兄弟姉妹を誠心館に通わせている方ばかり(一人っ子のお宅は除く)
本当に有難いですねー

私にとって兄弟姉妹を誠心館に入れていただけるのは最高のご褒美です^^
ちょっと成績が伸びたからといって油断せずに、自分で勉強ができるように躾も含めた指導を心がけてまいります。

小6生が入塾してくれました! しっかり育成してまいります^^

DSC05145

誠心館の小学生の部に新しい生徒が来てくれました!

利発的なお子さんで計算(暗算)も早いです^^
今のところ大きな弱点も見当たりません。

誰もが苦手な文章問題にやや苦戦しているようですが、文章を読んで状況を的確に理解(イメージ)する練習さえすれば、すぐに出来るようになると思います。

これからも”わかる&できる”が嬉しい、そして楽しいと思える指導を心掛けてまいります。

下の写真はパソコンで100マス計算をしている小6生^^
足し算、引き算、掛け算、たて、横、ランダムとありますが、彼はもう3年やっているので、とにかく早くて正確^^
今春から小4の弟くんも来ているので、張り切ってます^^

誠心館で地頭を鍛えて賢くなりましょう!

DSC05144

理社内申対策コースのお試し期間がスタートしました。

DSC05135

以前より保護者様から理科と社会もやってほしいという声があり、ちょっと重い腰を上げて(汗)スタートさせた理社内申対策コース❢

単に丸暗記する手法を教えるのではなく、生徒が自分で勉強できるように教科書の重要性と使い方を徹底するために演習後はすぐに解答を見ずに教科書で語句を調べさせたり、塾テキストではなく中学校の問題集をドンドン仕上げていくスタイルにしました。

予定では定期テスト前には既に課題が終わっており、複数回の勉強(暗記)ができる予定^^

中3生の1学期は大事な時期なので、定期テストでしっかり点が取れるようにサポートしたいと思います。

ちなみに現時点で理科や社会の定期テストが常に80点以上の人は今回のコースは不要です。
40~60点止まりの生徒たちをプラス15点~20点にしたいですね。

初回の授業後は3名の講師で進行に関して意見交換。時間配分を見直しして演習時間を増やす方向で一致しました。
2回目以降もブラッシュアップしながら自分でできる、効率の良い勉強方法を教えていきます。

数学と英語メインの個別指導ですが、理科・社会も力をいれていきます。

保護者の皆様、ご期待ください!

小学生の部⇒中学生の部へ。誠心館歴が長いので余裕がありますね^^

DSC05130

4月に入り、すべての生徒たちが新学年となりました。
気持ちも新たに部活に勉強にチャレンジしてほしいと思います^^

そんな生徒たちの中でも誠心館で一番変化があるのは小学生の部⇒中学生の部になった生徒たちです。

中学生の部では

1)入口に座席表がある。そこで担当講師と自分の座席を確認する。
2)チャイムが鳴って挨拶で始まる
3)1対3の個別指導となる
4)隣の席に他の中学生や高校生が座ることがある
5)個別の学習記録シートがある
6)定期テストの点数や通知表を記録するシートがある
7)講師が全員大学生である
8)生徒数が多い
9)時間帯が違う

ちょっと考えただけでも違いがたくさんありますね。

中学生になると勉強も急に難しくなります。
焦らなくてもいいのですが、自分の生活の中に勉強する習慣を入れること、そしてコツコツ積み重ねる重要さを理解してほしいと考えております。

微差が大差につながります。

千里の道も一歩から
” A journey of a thousand miles begins with a single step.”

上の写真は新中1生が阿部先生と笑いながら勉強しているところ^^ 誠心館歴が長いので余裕ですね。

下の写真は昨日の風景
新学期に伴い、生徒が少し入れ替わったのでやや雰囲気が変わった気がします。

DSC05131

天王寺川中学校の生徒3人が入塾してくれることになりました。がんばります^^

DSC05128

4月になって入塾申込みが増えております。

3日現在で新しく天王寺川中学校の生徒3人が誠心館に来てくれることなりました❢
有難いことです。

なかには成績と志望校に差があるので、対策と学習スケジュールを早急にプランニングしないとやばい。。。という生徒もいますが、引き受けた以上はやるしかありません。

まずは1学期の内申点を少しでも上げるために本人と打ち合わせしたいと思います。

全体的には荒牧中と天王寺川中の学年上位で尼崎稲園高に行けそうな生徒も2人いますが、一番多いのは平均点前後で伊丹西高、武庫荘総合高、ちょっと上がって市立伊丹高クラスを狙う生徒でしょうか?

どちらにしても、公立高の入試まで残り342日! 
あの手この手で生徒たちをリードしてまいります。

写真は誠心館OB会長の中村宏平さんと講師リーダーの上熊須さん。
中村さんは仕事で関西に来たついでに1年ぶりに教室を訪問してくれました^^

国立大学、関大、関学大に合格者が出るようになったことを喜んでくれました!