尼崎稲園高2年、百合学院中2年生の入塾手続きがありました!

DSC05311

昨日は稲園高と百合学院中の保護者様が入塾手続きしてくださりました。

2人とも来週からの通塾となりますが、ご自宅はかなり遠いようなので行き帰りには充分に気をつけてほしいと思います。
また、ご自宅から荒牧までの間には数多くの塾がある中、誠心館を選んでいただき、有り難いことです。

ご期待に沿えるように、講師と共に全力投球してまいります^^

話は変わりますが、
塾の仕事はやってもやっても成績が伸びす(汗)落ち込む時もありますが、諦めずにやり続けた結果、やっと芽が出て成績がグーンと伸びた時には講師と一緒に大喜び。

そして、志望校合格で喜ぶ生徒の顔を見るとさらに元気をもらえます。

脱サラして6年。本当に塾を選んで良かったです^^

これからも地域に恩返しを続ける気持ちで塾業務に邁進します。

写真は高校3年間通ってくれた元生徒。今春から国立大学に通っています^^ 

ここ最近はハイレベルの問題集を使う頻度が増えてきました^^

DSC05309

誠心館の中学生の部は公立中の場合には“必修テキスト”で授業をしています。
全国の大手塾がよく使っているごく普通の問題集ですね。

中高一貫校の場合では“シリウス”や“新演習”の発展を使うときもありますが、基本は学校教材を使って指導することが多いです。

ですが、今期は必修テキストだとすぐに解いてしまう学年上位の子たちが増えてきたので、そんな子たちには難易度が高い問題で脳をフル回転させます^^  

勉強に自信がない子たちには、少し簡単な問題をやって自信をつけさせる、繰り返し同じ問題をやりながら気づかせるというパターンになりますが、定期テスト95点とか5教科460点ぐらいを平気で取ってくる子たちには、知的好奇心をガンガン刺激するような問題で負荷をかけていきます。

学校で習っていない問題、見たこともない問題、手も足も出ない問題、普通の子だとすぐに諦めてしまう問題でも学年10番位の子だと喰らいついてきますし、できないと悔しがって講師に質問をしてきます!

それで、解法を聞いて理解すると満面の笑顔になります。
わかるとスッキリして嬉しいですよね。。

誠心館は全員が同じ授業ではなく、講師が生徒と話し合って自由に指導してもいいルールがあります。
(但し、成績がある基準に達していること、保護者様との約束の範囲内)

甲陽学院中、神戸女学院中、三田学園中、大阪教育大付属池田中、プール学院中クラスの中高一貫校から地元の荒牧中、天王寺川中まで学力も学年もバラバラの生徒が集まっている誠心館。

どんな子が来ても、講師と一緒に頭と身体を使って、学力が上がるようにあの手この手でがんばってます^^

写真は教室に置いてある問題集。
偏差値65以上でも対応できるレベルのモノも一通り揃えています^^

伊丹北高2年の女子生徒がブログを書いてくれることになりました^^

DSC05307

学校や塾での出来事を生徒目線でアップしている”塾生ブログ” 

このたび、伊丹北高2年の一期(いちご)さんがブログ担当になってくれました。

本人と保護者様に感謝です^^

自分の気持ちや考えを短時間でまとめる作業は意外と難しいです。
そして継続していくことは、さらに難しいです^^;
ですが、自分の考えを不特定多数の読者に伝えることは発信する力を高めるトレーニングにもなります。

自己表現はこれからの重要なスキルです。
ぜひ、楽しみながら伊丹北高と誠心館での出来事を自分なりに綴ってください。

あとお願い事項を1点だけ。

「事実はひとつ、解釈は無数」

何事も前向きに捉える習慣を身につけること。
さらに前向きな言葉を使うこと。

目には見えないけど思考、言葉、文字にも波動(エネルギー)があります。

人生は自分が常日頃、考えているとおりに進行します。
というか、自分の考えに合ったことしか目に入らなくなるので、必然的に選択肢は自分の思考の範囲内となります。

一期(いちご)さんの1年後の成長が楽しみです。

元塾生、妹さん、保護者様の3名が教室に来てくれました^^

DSC05300

昨日は本当に嬉しい1日でした!

今春の誠心館卒業生ですが、大学進学(浪人)を目指すのか?それとも公務員を目指すのか?で何回も三者懇談をした彼が、自ら選んだ公務員の試験に合格し家族で報告に来てくれました^^

彼のお母さんも大喜び。私も本当に嬉しいです!

でも、スタートはこれから。
山あり、谷あり、辛いこと、許せないこと、不条理なこと、納得できないこと等々、いろんなことを体験すると思いますが、どうしても我慢できないときは人生の先輩として、元大手企業の人事部経験者としてお話しも聴きますよー。

アドバイスとしてはまず1年間は“素直、正直、すぐ行動”でしょう。

活躍を期待しております!

また合わせて彼の妹さん(中学生)の入塾希手続きも^^

有り難いことです。妹さんもしっかりとサポートしてまいります。

国家公務員総合職(キャリア)に挑戦する勇気と本気。日本の未来は安泰ですね^^

DSC05305

先週末は元講師の菱川さんと二人で飲みに行きました。

国家公務員試験(外務省総合職・専門職)のために1カ月間に渡る東京一人暮らし(彼女も一緒?)が終わり、やっと帰ってきたのでねぎらいを兼ねたご苦労様会です。

将来の夢は外交官とずっと言い続けてきた菱川さんは1年間のベトナム留学(現地では日本大使館でバイト)から帰国したあとは国家公務員専門の学校で猛勉強。睡眠時間4時間で残りはすべて勉強というハードな生活で試験に挑戦。

全国各地の天才・秀才を相手に総合・専門共に一次を突破。その後は霞が関の中を毎日訪問し、個別の面接や集団の面接を何度も繰り返したとのこと。

最終試験の結果は少し先になりますが、手ごたえはある!という菱川さん^^
朗報をお待ちしております。

また、今も誠心館の主力講師である阿部さんも国家公務員試験総合職に見事合格。
来月からインターンシップで霞が関に行くことが決定。
(約3週間の不在時は担当生徒は他の講師がしっかりと面倒みます^^)

国家公務員試験は2年計画で今年は練習のつもりで受けたのに合格してしまった(!)3年の阿部さん。2年間の権利があるので、来年は就活しなくてもいいですねー。

経済産業省、農林水産省、総務省、どこにするのか? 悩むところですが、私としては大学で専門的に学んでいる農業の知識を生かせる農水省で活躍希望。

日本の未来は農業政策次第だと思うからです^^

大きなステージで活躍したい、日本・世界をもっとよくしたい、自分の可能性を拡げたい、頭の良さや人柄だけでなく彼らの偽りのない“志”自体が素晴らしいと思う次第です。

本当に誠心館は人材の宝庫ですね^^

これからも講師、生徒ともに成長できる学びの場として機能するように塾長も負けずに勉強してまいります<(_ _)>

中3生対象の入試対策コースの打ち合わせをしました。

DSC05260

今年の入試対策コースの担当は今井先生。
10月から3月の公立高の入試日まで中3生をリードしていきます。

そこで、8月12日(土)の夜、前回担当の並木先生と前々回担当の伊東先生にも教室へ来てもらい運営全般に渡り4人で意見交換をしました。

私としては入試対策に関して、同業他社の塾情報をたくさん持ち合わせていますが、ただ単に楽だから儲かるからみたいな考えでマネするのは非常に面白くないので、いつも企画段階から学生講師を呼んで自由な発想のもと、メインフレームから一緒に作り上げていきます。今回はその前段階で議論がストップした感はありますが(汗)、基本骨子と方向性は決まったので8月末には保護者様へご案内いたします。

その後は4人で近くの居酒屋で懇親会^^
しばし、雑談しながら続きの話をする。。。。

ご縁のあった学生たち。

大学名からもわかる通り、<知識>は同世代の中では群を抜いているはずなので、誠心館では働きながら<知恵>と<行動する力>を身につけてほしいと思います。

人間が成長するには<経験>するしかありません。

誠心館を踏み台にして、大きく羽ばたいてほしいと願っております^^

写真は前回のワークの一コマ。意見を出す、まとめる、発表する、社会で一番必要なスキルです。

誠心館の講師と生徒の関係を見ながら思ったこと。

DSC05258

伊丹市には学習塾が山のようにあります!

例えば誠心館を起点として半径1.25キロ圏内にも、大小あわせて30以上(小学生専門の公文教室や学研教室を入れるともっと?)の塾があります。

講師たちからすれば、そんな選びたい放題の状況にもかかららず、「塾講師をするなら誠心館!」と迷わず選択してくれたことに対して、本当に嬉しく思ってます^^

また、振り返ると以前は九州、山陰、東海をはじめとした地方出身の下宿生たちがが誠心館の主力講師として生徒指導していた時期もありましたが、ここ2年は地元の公立高で学び、かつ部活も活躍していた文武両道タイプの近所の学生が主力となりつつあります。

有名な中高一貫校のガリ勉タイプではなく、県立伊丹高や伊丹北高でラグビーやテニスをしながら国公立大に合格した学生たちが講師として身近に指導してくれることは、生徒からすると親近感もわいて素直に指導を受ける一因になっているようです。

そんなこともあり、ここ最近は県立伊丹高、伊丹北高の成績が真ん中から上位の生徒たちの入塾が増えてきました。

保護者様からすると月に13500円で数学、英語、物理、化学となんでも質問ができるルールが魅力的のようです^^

<学ぶ力>

講師と生徒の信頼関係が高まればおのずと生徒の学力(学ぶ力)も伴ってくるでしょう。

<誠心館の願い>

講師には生徒の可能性を信じて人を育てる力を身につけてほしい。生徒には講師を信じて自分の限界にチャレンジしてほしいと思います。

<夢を叶える>

まずは自分と未来を信じること。

自分が信じられない人は今までの自分を許すことから始めましょう。
ps. コツが知りたい人はいつでも塾長のところへ来てください。

複合機を購入しました。一世代前の中古ですが、なんとなく高級感があります^^

DSC05303

ここ最近、紙詰まりが多くなってきた複合機(コピー機)。修理するのか?買替するのか?
少し悩みましたが、結局は新しく購入することに^^

もちろん新品は高いので、1世代前の中古複合機にしました。

今年の中学生の夏期講習はEトレにしたので、とにかく印刷枚数が多いです^^;

エコの観点からはどうかな?と思いますが、英語と数学を単元ごとに細かいステップでひたすら演習しながら頭を鍛える作戦です。1回の授業でプリント10枚以上できる子もたくさんおり、生徒の満足度(やった感)も高いと思います。

ちなみに高校生の分も契約したので、一部の生徒には物理や化学で活用しております。

Eトレ自体は8月末までの契約ですが、8月からは学びエイドマスターも契約したので、高校生の一部にテスト導入してまいります。

誠心館の基本スタイルは阪大・神大生が個別に何でも教える塾ですが、さらにいい教材があれば、どんどん採り入れる方針です。

すべては生徒の学力アップのために。

今、世間で大人気のプログラミング講座。誠心館でも小学生を対象に開催中です^^

DSC05291

8月2日(水)夏のイベントと称してプログラミング講座を開催しました。

今回は初日なのでネコを回転させたり、動かしたりする基本操作から飛行機や自動車を自由に設定するところまでしかやっていませんが、子供たちはとにかく集中して取り組んでくれました。

マウスを使い自分で自由にスクリプトを駆使して動作を決めていく。

そして、自分の考えたとおりにキャラクターが動いて感動^^

パソコンが初めての子でもぜんぜん大丈夫。
マウス操作だけで自由自在に多岐に渡るプログラムが作れます!
さすが、<スクラッチ2.0>使いやすいですねー

さらに今回は偶然にも全員が鴻池小4年でなんと友達同士(驚)
全員がハイテンションで盛り上がりました^^;

さて、次回は8月5日(土)。桜台小や天王寺川小の子供たちも参加予定です。
子供たちの喜ぶ顔が目に浮かびます。

ちなみにスクラッチを使ったプログラミング講座は9月から正規のコースに。
週1回70分で7,000円。

いつでも体験授業ができるので、ご興味のある方はお気軽にどうぞ。

DSC05296