県立伊丹高1年生が入塾してくれました!誠心館がしっかりバックアップします^^

27日(金)に県立伊丹高1年生の初授業がありました。

体験授業の後、しばらく連絡がなかったので、他の塾に決めたのかな?と思っていたら、保護者様から「誠心館にします!」と電話があり、入塾してもらえることに。

有り難いことです^^

塾業界の定説では
2~4月は1年の中で生徒・保護者様が塾探しをするピークの時期であり、平均3つの塾の体験授業を受けて決めるとのこと!
なので、塾からすれば体験授業して入塾申込みの確率は1/3ですね。

では、誠心館はどうなのか?といえば
2~4月に限定すれば、例年30~40%ぐらいで推移しています(平均で良かった。。。)

もちろん入塾がほぼ確定している兄弟姉妹の体験は除き、あくまでホームページを見て体験に来てくれた生徒での数値です。

ちなみに体験授業の感想を読んで「誠心館を気に入ってくれたみたいだし、入塾してくれるのかな?」と思いきや、まったく連絡がないケースも多々あります^^;
また、3~5か月後に突然(驚)があり、入塾申込される場合もあります。

7年前に塾を始めたばかりの時は「入塾する、しない」で一喜一憂していましたが、今は「入塾する、しない」に関わらず体験授業に来てもらえるだけで感謝ですね。

5月になって、どんな生徒が教室に来てくれるのか?
考えるだけでわくわくします!

誠心館に新しい講師が仲間入りしました!

4月で一番嬉しい出来事!

神大生の女子が誠心館の講師として来てくれることになりました。
しかも、文系(得意科目が国語と英語)とは本当に助かります^^

現在の誠心館・大学生講師の内訳は

阪大大学院2名
神大大学院2名
阪大4名
神大1名
府立大2名
県立大1名
計12名体制ですが、全員が理系(驚)

理系の講師不足で困っている大学進学塾や予備校が大多数の中、誠心館はここ4、5年に渡り理系講師に恵まれており、塾長としては本当に助かっております。

そんな状況の中、4月の月初より“あとは阪大か神大の1回生文系の女子が講師に来てくれたら嬉しいんだけどなぁー”と思っていたところ、いきなり講師として手を挙げてくれる子が現れました!!

まさに<引き寄せの法則>そのもの^^

自宅の周りには大手・有名塾が乱立しているにもかかわらず、誠心館を選んでもらえるとは本当に光栄ですね。

ネットでは塾業界=ブラックの情報が氾濫しておりますが、誠心館は名前のとおり100%ホワイト会社だと自負しております!

魅力的な仕事ができる先輩講師たちが丁寧に研修や指導をしますので、一緒に楽しみながら学び、人間的にも成長しましょう。

きっと、半年後には<誠心館にして良かった!>と言ってもらえるでしょう^^

左から並木さん(伊丹北高➡阪大・工)
田中さん(尼崎稲園高➡阪大・工)
新人の片岡さん(尼崎稲園高➡神大・経)
中西さん(近大和歌山高➡阪大・基礎工)
阿部さん(市立西宮高➡神大・農)

(余談)
4年前は中高一貫校➡阪大・神大の講師が8割でしたが、ここ1~2年は公立高で部活をしながら、阪大・神大に合格したメンバーが講師をしています。
皆、親孝行ですね^^

荒中生と天中生、どちらの生徒が多いでしょう?

先週は天王寺川中学1年生が友達同士で3名入塾されることになりました!
有り難いですね。大事にお世話させてもらいます。

そこで、質問です。
誠心館の中学生の部は荒中と天中、どちらが多いでしょうか?

答えは荒中です。
しかし、全体では荒中生が天中生より1名多いだけなので、ほぼ同数と言えますね^^

ちなみに他の公立中は東中と長尾中。
いつもは各学年1名はいる安倉中の生徒は0人になりました。

そして、中高一貫校は雲雀丘学園中、大阪星光学院中、百合学院中。

以前は公立中7校、中高一貫校6校の計13中学の生徒が在籍していた時期もありましたが、その頃に比べると地元中学の生徒が増えたなぁーと実感。
地元中の生徒たちが志望校に楽々と合格していることや、地元中の成績上位の子がたくさん通っているのも要因だと思いますが、一番の理由は口コミ&紹介だと思います。

今後も“誠心館”の名前に相応しい教室運営を心掛けてまいります。
保護者の皆様、どうぞ、よろしくお願い申し上げますm(__)m

昨日は高校3年生の個別進路指導&相談会を開催しました!

昨日は高校3年生の進路確認と学習指導をしました。

担当講師は並木先生と阿部先生。

1人1時間で8名の生徒と面談。

内訳は
尼崎稲園高×2名、県立伊丹高×2名、宝塚高×1名、伊丹北高×2名、市立伊丹高×1名。

志望校が既に確定している生徒はどの教材をどれぐらいのペースでやるのか? 自宅ですること、塾ですることの再確認だったり、志望校で悩んでいる生徒には対話を通じて方向性を一緒に考えたり、さらにネットで学部の内容や就職率、国家試験の合格実績はじめ、試験の科目や内容を調べました。

学校の先生の指導もあるとは思いますが、誠心館では現役大学生の意見として、大学入試対策から入学後の勉強の話まで親身にアドバイスさせてもらいました。

公募推薦狙いの場合は半年後に試験があります💦

早めの対応で確実に進路を決めていきたいですね。

保護者様の期待に応えられるように、誠心誠意がんばります!

新中学生たちの勉強している姿は、とても微笑ましいですね。じっくりと育成してまいります^^

4月12日現在、中1生は10人の在籍です。

内訳は半分が小6生からの進級組で、半分が既存生徒の弟と妹さん、そしてお友達(紹介)

こじんまりとした個別指導の学習塾なので、今の誠心館にはちょうどいい人数であり生徒なんだと思います。

うん? ふと思い出したお釈迦様の言葉を書きます。

すべてがあなたにちょうどいい。

今のあなたに今の夫がちょうどいい。
今のあなたに今の妻がちょうどいい。
今のあなたに今のこどもがちょうどいい。

今のあなたに今の親がちょうどいい。
今のあなたに今の兄弟がちょうどいい。
今のあなたに今の友人がちょうどいい。

今のあなたに今の仕事がちょうどいい。
死ぬ日もあなたにちょうどいい。

すべてがあなたにちょうどいい。

有名な言葉ですが、それ以上に含蓄がありますね^^

きっと、この10名の生徒たちは誠心館がお世話するのにちょうどいいということなんでしょう。

10人の新中1生が学校の勉強で困らないように、成績が維持できるように大事にサポートしてまいります。

写真は3月の講師ミーティングの一コマ。

授業内容や指導方法の確認、小テストの出し方等を確認しているところ^^
頼りになる講師陣です。

小学生の授業に国語(論理エンジン・漢検)を入れることにしました。

昨年末から小学生の授業内容を見直したいと考えておりました。

見直しのポイントは「国語力」の強化です。
学校テストの点数アップを狙うには当然の如く、教科書準拠ワークで予習復習した方が良いのはわかりますし、実際に誠心館もそうしておりました。

しかし、中学、高校の生徒たちの様子を見ていると、やはり国語力の欠如が目につきます。
さらに言えば、高校生の英語が理解できない=国語が理解できていないというケースも散見できます。

友達の京都外大西高の英語教師曰く
「英語ができない生徒の半数以上は国語力のなさが原因だ!」とのこと💧。。。
そんなこともあり、小学生の間に国語の基礎を楽しみながら学んでもらおうという作戦です。

教材は知る人ぞ知る「論理エンジンキッズ」
まだ、今週から始まったばかりですが、生徒たちは楽しそうにチャレンジしております。

週1回7000円で国語と算数やってもらえるんですか? さらに漢検も^^
保護者様の期待も高いので、講師と共にがんばります(^^)/

講師ミーティングを開催しました。教養の時間は「みつばち」と「教育勅語」

3月28日(木)は教室で講師ミーティングを開催しました。

まず最初は「教養」の時間。

ほとんど塾長の趣味の世界ですが、講師の視野を拡げるために、今どきの大学生が学校や私生活では知ることがないけど、知っておいたほうがいい!をテーマにピックアップしております。

今回はハートオブミラクルの新しい映画「みつばちと地球とわたし〜ひとつぶの命に秘められた 大きな環のおはなし〜」のダイジェスト版(15分) の視聴

もうひとつは「教育勅語」の口語体(明治神宮版)の音読

私は自分の考えの押し付けが嫌いなので、基本は情報のみ提供し、その内容を講師たちがどう捉えるのか?は自由にしています。いつもはDVDを観た後に全員でシェアしますが、今回は時間の関係でしておりません。

みつばちなんか関係ないし、地球環境なんてどうでもいいし、教育勅語なんて試験に出ないし。。。。
そんな取り方をする人がいるかもしれません。

ですが、

みつばちが受粉を通じて、草花だけでなく林や森の形成にまで影響を与えているなんて凄い!

一人ひとりのちょっとした行いが地球環境を変えていくから自分も気をつけよう!

教育勅語って、自分が思っていた内容とまったく違う。世界的に評価が高い理由がわかった!

という人もいるはず^^

古今東西の賢人曰く「自分の考え方」が「自分の未来」を築くとのこと。

講師ミーティングの「教養」の時間は講師の心の糧となるべく情報提供の時間(のつもりです)

これからも手を変え、品を変えて継続しますので、よろしくお願いします^^