誠心館の中学生の部について

小学生はのびのび指導して理系脳にする⚡

中学生は学年1番から不登校まで区別なく、自由な雰囲気で指導する⚡

高校生は全教科をなんでも個別に教える便利なルール⚡

そんなイメージで塾運営してきましたし、今も基本は同じです。

ただ中学生は8~11年前に比べると学校の宿題の量が減ってる割には、教科書の内容はかなり難しくなっているので、誠心館も少し方針を変えます。

・中学生の部はまず塾テキストを変更

・全員の塾の宿題を増やす

・定期テストの点数アップした生徒の教室内の掲示

・中2生も年間3回は模試を実施

少しだけ勉強モードを高める方向にしました^^

今、櫻井先生が中学生の部の基本マニュアルから見直し中❢

誠心館も11年目に入り、阪大生がなんでも優しく教えるだけでなく、中学生の点数を上げて、尼崎稲園高、宝塚北高、県立伊丹高、市立伊丹高、伊丹北高にどんどん合格させて、次に関西学院大、関西大、近畿大、甲南大に入れる流れを強化します。もちろん国公立大も狙っています(^_-)

ですが、今までどおり学校に行けない子、保健室に通学してる子、諸事情で他の塾に行けない子に対してのサポートはしてまいります。

時代の流れで誠心館の役割も少しづつ変化していくような気がします^^

もうすぐ新学期になりますが、どんなお子さんがやってくるのか、楽しみです。

ともに・・・・

新年度の準備完了・・・

バタバタしてしまい、やっと新年度の準備完了❢

4月から使う塾テキストの配布もスタートしました^^

さらに、春の講習もスタート。ちなみに春の講習の参加率は中学生で4割ぐらい。誠心館は自由参加なので、山ほど参加している子もいれば、まったく参加していない子もいます^^

生徒のやる気、現在の成績、保護者様の経済状況、いろいろあるので、塾は一切強制しておりません。 塾は季節講習の強引な営業がイヤだ!と訊いたことがあるので、うちでは一切押し売り(笑)はしなこととにしています。

で4割の子にやっている講習内容は天王寺川中の10番以内の子には、最難関問題集(あの名物の稲園特訓以上?)の問題やらせてるし、平均点ぐらいの子は復習中心だったりと、人によってバラバラです。。。

伊丹西高に行きたい子と国立高専や尼崎稲園高を狙ってる子はやはり対応が変わります。当たり前ですよね・・・・

逆に5教科で420点取ってて市立伊丹高や伊丹北高狙いなら季節講習は全くいらないと思います。もちろん、要望があればやりますが・・・・

ということで、明日から塾のチラシがご近所様にポスティングされます^^

何人の人が見てくれるのかは全くわかりませんが💧、例年どおりにご縁のある生徒と保護者様とは、必然的に繋がることになるのでしょう~

お待ちしております❢

祝10周年チラシが完成(^^)

11年前に脱サラして始めた学習塾。

大企業の管理職が面白くなくなり、興味があった学習塾を縁もゆかりもない伊丹市荒牧で開校してみた❢

夢と現実の狭間もあるし、思うようにいかないことも多数💧

その後もずっと紆余曲折しながらも、保護者様のお力添えでなんとか10周年を迎えることができたと思う。 本当に有り難いことです・・・m(__)m

ちなみに昨日も東中新3年生が体験して入塾してくれることになったが、彼の場合は上3人のお姉ちゃん全員が誠心館に通ってくれている❢(驚)

なんと、ここ8年で4人兄弟全員が誠心館に来てくれるなんて・・・・

足を向けて寝れませんm(__)m 誠心誠意頑張ることをお約束します❢

来週の中旬からチラシのポスティングがはじまるけど、昔の保護者様に「誠心館、まだ頑張ってるやん🎵」と思ってもらえたら、とても嬉しい^^

まだまだ、これからも学習塾で頑張るつもりなので、元保護者様・前保護者様・今の保護者様、よろしくお願いいたします❢

神戸大学合格^^

本日、神戸大学国際人間科学部に合格したと生徒から連絡があった❢

元誠心館の生徒さんで高3から姉妹塾シードタイムズに転籍していた子です^^

ちなみに昨日も誠心館⇒シードタイムズの生徒から徳島大学理工学部合格の連絡があった。

本当に今年のシードタイムズの合格実績は絶好調だ❢

他にも、ブログで書いてなかったけど、

同志社大学 グローバルコミュニケーション学部
同志社大学 社会学部

関西学院大学 経済学部☓3
関西学院大学 商学部
関西学院大学 法学部

大阪産業大学、大谷大学、大阪成蹊大学にも合格している。

ご興味ある方は合格実績をみてください^^

子供たちを元気・笑顔、賢い子にする誠心館。

成績を爆上げして難関大に合格させるシードタイムズ

そんな感じの運営を考えております^^

公立高校入試の直前❢

いよいよ、中3生は高校入試が目前となりました❢

誠心館でも5日(土)と6日(日)は最後の追い込みをさせていただきます。

今年の倍率はかなり偏っていますが、競争相手の多い少ないも気になるけど、外的要因を変えることは出来ません。

自分を信じて、残された時間をいかに使うのかに意識を向けて頑張ってほしいものです^^

自分の人生の扉は自分で開くしか道はありません。

夢を現実に。