嬉しい話を聞かせてもらい・・・

塾をやっていて思うこと。

<あの生徒は今はどうしてるのかな?>

たぶん、どこの塾長も同じ気持ちがあるはず。

誠心館も年間30人以上が卒業しているので、ここ10年でざっと二百人以上が卒業してくれている。

<ご縁のあった子供たち>

自分の描いたレールどおりに進めたらいいけど、現実は想定外の連続で山あり谷あり。

それをゲーム感覚で乗り越えられたらいいんだけど、凹んだままのケースもままある💧

長い人生、周り道や失敗もぜんぜん大丈夫。世の中、体験が一番大事だと思うし。

しかし、それが人生で一番重要な学びであり成長の為の課題なんだけど、そんな捉え方できるのはずっと先のはず^^;

さて、私の戯言はさておき、

ある阪神昆陽高に行った元生徒が無事に大学に合格したとのこと^^
中学は不登校気味だったけど、高校は楽しく通い、今はやりたい勉強をしているらしい。

同じくある元生徒は中学時代は不登校だったけど、私立高校は自分にピッタリで楽しく通い、有名大学卒業後は某大手企業で働いているそうな(驚)

また、数学12点(100点満点)の子も高校はなんとか卒業でき、大学では楽しく保育を学んでいるらしい^^

成績が今いちだった子たちも親の心配をよそに、自分で自分の道を切り拓いているようだ。

だとすれば、親は子供を見守ることをメインに情報は与えても、あまり深く干渉したり、いろいろ強制しない方がいいかもしれない。

おっと、余分なことを書き過ぎた。

今回は卒業した生徒たちの元気な様子を聞けて嬉しかった❢ということです。

もし、卒業生がこのブログを読んでいたら、たまには誠心館に顔を出してください。

塾長は大喜びをします^^