“ライン”を自分に課してみよう

こんにちは。講師の並木です。
暑すぎた夏休みが終わりました。受験生にとって最も大切な期間でもありました。

夏休みはひたすら勉強するものとして良いと思いますが、明けるとそうは言っていられません。目指している学校と現実の成績とのギャップに頭を悩ませる人も多くなってくる時期です。

そこで今回私がおすすめしたいのは、「あらかじめこれが出来なければきっぱり諦める」という“ライン”を周りに宣言する、という方法です。

私の場合は、「E判定が出たらその瞬間に選択肢から外すこと」と、「受験直前でC判定以下ならば諦める」ことでした。リスクを冒すのが好きではないので、厳しめのラインを自分に課していました。

夏休み前の段階ではE判定だったという生徒も多いです。その場合は、「9月の模試でD判定になっていなかったら諦める」「10月模試でC判定になっていなかったら…」と少しずつ釣り上げていくと良いでしょう。大切なことは、初めにも言っていた通り、決めたことを“周りに宣言する”ことですから。

諦めきれない人、無駄に悩みたくない人には特におすすめです。ぜひ活用してみてください!

受験以外でも使える考え方を紹介しているつもりですが、結局いつも受験生に向けた文章になってしまいますね。誰かの役に立っていたら嬉しいですが…。

勉強の計画を「立て直す」コツ

こんにちは。講師の並木です。久しぶりのブログです。
夏休みに入り、1・2年生は夏休みの宿題と部活動、3年生は受験勉強をそれぞれ頑張っていると思います。講師の私も大学院を受験する受験生なのですが、その話はアナザーブログの方に譲りたいと思います。

「夏休みの勉強の計画を立てたけど、もう遅れてしまっている…。」そんな人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、勉強の計画を「立て直す」コツについて話したいと思います。
勉強の計画を立て直すときのコツは、「あと何日あるか」ではなく「すでに何日過ぎたか」で立てることです。先を見て計画を立てると、思っていたより進まなくて、結局計画から遅れてしまうことがよくあります。

そこで、すでに過ぎた日にどれくらい進んだかで自分のペースを調べてみましょう。そうすると、1日当たり何ページ、1週間でどこまで、といった計画が立てられます!足りない場合は、ペースを上げなければいけません!

夏休みに入って1週間と少しが過ぎ、8月になりました。ここで一度、初めの計画通り進めているか見直してみてはどうですか?