前向きにいこう❢

こんにちは。講師の中西です。

久しぶりのブログです。

今年は自粛期間があり、受験生にとっては大変な時期ですが、変わらず勉強していますか?

今回は教育格差について講演を聞く機会がありました。今の時代、いろんなツールがあって無料で有益な情報が得られる。
YouTubeなんかは宝の山ですよね。

でも、本人の意識が低ければ、ただのゴミの山です。

夢や目標を語って生きていると、アンテナが立って情報をたくさんキャッチできるし、アンテナが無い人はこれを右から左に流してしまいます

受験生なのに「勉強したくない」「自分なんて」と言う人がいますが、そういう人はどんどん低きに流れていきます。

「英語楽しい❢」「自分ならできる❢」と思うからこそ、前へ進めます。

だから最初はウソでもハッタリでも良いから友達に「勉強、大好きやねん❢」「〇〇大学に絶対に合格する❢」と言ってみてください。

そうすると、言った手前、退路が断たれて頑張れたりするものです。

生徒の皆さんへ

応援しています。何でも聞きに来てくださいね。

5の努力をしてみることが大事だと思います。

こんにちは。講師の中西です。

3月に入り、受験生の合否を毎週のように聞くようになってきました。
「誰がどこに受かった。落ちた」を聞く毎に思うことは、大切なのは結果よりも自分の選手生活に満足したかどうかだということです。

結果というのは「努力」☓「才能」で決まります。

それぞれが0~5の6段階あって、どちらかが5でもどちらかが0や1では結果は0または5。

そして、才能は親や神様からいただいたものですから、変えようがないし、自分の才能が1なのか、4なのか、ということは自分自身でも分かりません。

確認する方法は5の努力を掛けてみて、どれぐらいの結果になるかをみることだけなのです。

逆に言えば、2でやる努力しかしてなければ、もし、才能が4、5あっても気づけないのです。

だから、結果には満足しなくても全力をつくしたかどうかが大切なのです。

そうすれば、切り替えて次の目標に向かうことができます。

受験が終わった人も来年受験する人も色々な人から「5の努力」の仕方を勉強しながら、頑張ってみてください。

誠心館に来て、1年経ちました!(感想)

こんにちは。講師の中西です。

最近、急に寒くなり体調を崩し気味ですが、去年のこの時期に誠心館に来たので、もうすぐ1年になります。アッという間の1年でしたが、いろいろな経験ができ、多くの発見がありました。

特に自分を変えてくれたものが、3か月に1回行われるミーティング・飲み会です!

このミーティングでは数人での議論とプレゼン能力が求められるし、飲み会では毎回恒例の「最近の面白い話」をするという、かなりのハードルがありました。

今までは内気で人前では一切話せなかった自分が、このミーティング・飲み会を何回もこなしていくうちに、少しづつ話せるようになってきました!

この試練を与えてくれた塾長に感謝です(笑)

指導面の成長も書きたいのですが、長くなりそうなので、今回はここまでにしておきます!

それでは、また読んでください^^

受験に関しての自分の考え方。参考になれば嬉しいです!

こんにちは。講師の中西です。

もう6月ということで、だんだんと暑くなってきました。
既に夏の到来に絶望しています(笑)

夏と言えば、受験生が最も踏ん張る時期であり、最も成績が上がる時期でもあります。
目標を決め、志望校を決め、あとは勉強をするだけという状態にあるはずですが、私の担当する高3生のほとんどは正しい勉強“方法”を知らずにただ闇雲に問題集を解いているだけです。

確かに「問題を解き、間違えたものを復習する」という方法をとると一見、自分の学力が上がったかのように見えますが、これは単に問題に“慣れた”だけであって、時間が経つと解けなくなってしまいます。

では、どういう勉強をすれば良いのか? 私の仕事はそれを生徒たちに伝えることであると思っています。

つまり生徒の勉強の質を上げてあげるということです。

その上で大事なのは生徒に勉強の質の上げ方や目標達成の為の努力の仕方などを自分で考えなければならないということです。

 

先生に教わった通りに勉強をするのは、何も考えていないということの裏返しです。

高校生まではそれでよかったのかもしれませんが、これからは何事も自分で判断していかなくてはなりません。

そのための練習として、まず受験を頑張ってみてください。

つまり受験は本気を出すための練習ということです。

少し長くなりましたが、このことを頭に入れ、充実した夏を送ってください。

中2生、高2生は受験生の意識を高めて準備を整えましょう。

こんにちは。講師の中山です。

もうすぐ春休みですね。

春休みは、長期休暇の中で特別な休みです。

何故なら、春休みは自分の立ち位置が曖昧になる時期だからです。

入試+卒業式が終わった中3生、高3生、浪人生の皆さんにとっては、やっと落ち着いて次の高校や大学に向けて準備する期間であり、逆に中2、高2の皆さんは来年のこの時期には受験を迎えるため、この期間をしっかりと「自分は受験生である!」という意識を身につけるマインドチェンジの時期になります。

この春休みで、休みだからと言って気を抜くと、スタートで出遅れてしまうので、機を逃さずに新生活への準備を整えましょう!

受験生に対してのアドバイスを書きました!

こんにちは。講師の中西です。

誠心館で講師として働き始めて2か月が過ぎました。最初は右も左も分からない状態でしたが、塾長や先輩方、そして生徒にも助けられ、毎回の授業で成長できていると思います^^

さて、受験生はセンターも終わり、自分の出来に満足している人もいれば、逆に焦っている人もいるでしょう。

私は焦っている側の人間でした。入試前のマーク模試では1度たりとも目標点に達していなかったので、最初からセンター対策は諦めて二次試験の対策をしていました。

ただ、試験に対する準備よりも大事なことは試験本番で実力を出し切ること。つまり、本番中に焦らないことです。顏を上げて周りをよく見渡してみましょう。
すると、周りも面白い程に焦っています。それを見て落ち着きを取り戻し、一呼吸おいてから再び問題に取り掛かる方法です。
但し、カンニングを疑われないように(笑)

要は悔いのないように、ということです。
厳しいことを言うようですが、受験は1つの勝負事です。受験が終わったあとに「結果が全てでない」などと言われることのないように。

皆さんを信じています。頑張ってください。