大学院に進学しました❢

皆さんお久しぶりです。
この春から大学院に進学しました、講師の西岡です。

研究室が変わることはありませんが、私の所属する研究科が変わり、受ける授業の内容に少し変化がありました。

私の研究科は「理系の学生に経営の知識を与える」ことを目標にしているので、会計などの授業が新たに始まります。

今まで触れることのなかった分野であるため、ついていくのが大変です。
しかし、企業が赤字・黒字になる仕組みなど新しいことを知ることができるため、とてもおもしろいと感じています。

大学院に進学することで、社会に出るまでの時間が2年分増えました。

この2年間を無駄にすることなく、幅広い知識をもった社会人になれるよう頑張りたいと思います。

人生は楽しんだもん勝ち、でもやるときはやる❢

こんにちは。講師の櫻井です。

いよいよ新学期が始まりましたね❢
みなさんの新しいクラスはどうなりましたか?

今回は「環境の変化」についてお話したいと思います。

1年生から2年生になった人は例えば部活の後輩ができたり、勉強の内容もレベルアップするということで、少しナイーブになってしまうかもしれません。

2年生から3年生になった人は、部活の引退時期が近づいたり、受験を考えたりすることも増えると思います。

そんな時、みなさんはどうしますか?
決して萎縮する必要はないですよ?

これから中高、そして大学と続く学生生活において、必ずこのような瞬間は何度も訪れます。何かにつまづいたことや悩みがあれば、人生の先輩である我々講師にも相談してくださいね。

学生生活、勉強だけじゃなく、部活も遊びも全力で楽しんでください(^_-)

近況報告です^^

こんにちは。講師の片岡です^^

最近、ものすごく寒いので、皆さん体調管理には気をつけてください。
今回は私の近況報告を2つします。

1つ目は就活についてです。
今、私は大学3回生なので、あと2カ月ほどで就活の選考が本格化します。就職活動の面白いところは、高校受験や大学受験とは違い、職種、業種、企業などの選択肢がとても多いことです。

何にするか悩める楽しさもありますが、逆に私のようにやりたいことが決まっていない人にとっては、迷ってしまい、まるで大型ショッピングセンターで親とはぐれた子供みたいになってしまいます。

中学生・高校生の皆さんはまだ将来のことはなかなか考えないと思いますが、考えるのを後回しにし過ぎると私みたいに迷子になるので、なんとなくでもいいから成りたい大人像を頭に浮かべておいてください。

私が何者になるのか?楽しみにしてくださーい(笑)

2つ目は誠心館に勤めて3年が経つ心境についてです。
私は有り難いことに、初めてかつ唯一のアルバイト先が誠心館です。もちろん、ここまで来られたのも塾長の人柄の良さや周りの講師陣との仲の良さや関わった人たちのおかげでもありますが、雰囲気と相性が良かったのだと思います。
友達に「バイトが楽しい」と言ったら、とても驚かれますが、自由な風潮で新しい発見がたくさんある誠心館のこと結構気に入ってます❢

多分、あと1年ほどお世話になると思いますが、よろしくお願いします^^

インターンシップのエントリーシート❢

こんにちは。講師の片岡です。

今回は私の現状についてお話していきます。

私は今、大学3回生で「就活」をもかじりはじめました。

インターンシップという企業体験をするためにエントリーシートを書いたり、適性検査を受けたりしています。

結構大変なのですが、自分を見つめ直したり、将来のことを考える良い機会だと思って、取り組んでいます。

誠心館にはよい先輩がたくさんいるので、相談しながら頑張ります^^

大学生活を振り返って

こんにちは。講師の櫻井です。
初めてアナザーブログを書いてから、かなり久しぶりになります^^
(前回は1年の時で、今は4年❢)

あっという間に大学4年生になってしまいました。大学生活では、私は部活が特に印象に残っています。
大学1年生の頃、特に興味の無かった部活に「雰囲気が良いから」という理由で入部し、何度も途中でくじけそうになったことがありました。

時には先輩に相談し、同期に頼り、何とか真面目に今まで続けることができています(笑)

中学生、高校生の中には私と同じような状況に立っている人がいると思います。
それでも、仲間を頼り、最後まで真面目に取り組んだあかつきには、良い未来が待っていると私は思いました。

去年の3年生の頃、大学の一番大きな大会であるインカレでは全国4位という成績を収めることもできました。

大学に入ってでも部活を続けられた私が言います。

学生生活の間に自分が何かやり残せた❢ という思い出を1つでも多く作れるよう毎日、真面目に励んでいれば、きっと実ると思います。

残りの大学生活も毎日楽しんでいけたらと思います。

大学院に入ってみて。。。

講師の今井です。
4月から大学院に入りました。
大学院といっても、4回生の時と同じ研究室に通っているので、授業が新しく増えたこと以外は、ああり変わり映えがしない日々が続いています。

また、研究テーマが4回生の時とは変わったので、研究背景や分野の専門知識を新たに調べるのが結構大変です。。。。

ただ、前の研究テーマの内容が活きる場面に出会ったり、知識の幅が広くなったりなど、良かった点もあります。

大学生活がさらに2年増えましたが、これからも頑張っていこうと思います。

スパイスカレーにハマっています❢

こんにちは。講師の小池です。

最近、我が家では「スパイスカレーブーム」が来ています(笑)

長期間に渡る自粛生活で僕がカレーの本を読むようになり、その本のレシピにも書いてあった毎週金曜日に家族を巻き込んだカレー作りをしています。

父親が自衛官なのもあり、ちょっと軍隊チックです(笑)

実際に使用するのは、ほんの数種類なんですが、何事もやってみると新しい発見があり、面白いなぁーとよく感じます^^

4回生になった時の話

こんにちは、講師の今井です。

何を書こうかと悩んだときに、そういや去年の3月まで私も四回生になったらどんなをするのか知らなかったので、どんなことをしているのか少しだけ紹介してみようかなと思います。

 よその大学を知らないので、自分の大学が一般的かどうかわかりませんが、4回生になると、必要な単位をちゃんと取れていれば授業はなく、「卒業研究」というのに取り組みます。

それぞれの研究室に配属され、その研究室特有の研究課題が与えられ、基本的には卒業論文を書けるようにそれぞれ研究を進めます。雰囲気・活動時間・研究テーマは研究室によって大きく異なるので、研究室選びが結構重要になります。

 大学選びのときに、理系の皆さんは「研究費」や「研究設備」がどうのこうのと聞いたことがあるかもしれませんが、三回生までは授業内容に大学の質が大きく表れることはあまりないように思えます。四回生以上になり、研究に取り組むときにその差が現れてきます。どの大学、どの学科かを決めるときに研究室でどんなことをしているのかを調べれば、役に立つかもしれません。

 あまり、普段どんなことをしているか詳しく書けませんでしたが、理系は四回生になったら、授業ではなく研究を進めていくんだということは高校生でも知っておいて損はないと思います。興味があればぜひ大学でどんなことをするのかぜひ調べてみてください。

編入で神戸大学に^^

こんにちは。講師の小池です。僕は今年の4月から神戸大学理学部惑星学科に編入したことに伴って、今年4月から誠心館でお世話になっています。

編入という言葉はあまり聞き慣れない言葉ですが、簡単にいうと他大学に「転校」するということです。みなさんは転校と聞くとどんなイメージが湧くでしょうか。大変そうだなというイメージも少なからずあるでしょう。

実は僕は親が転勤族ということもあり、今回も含め10回近く引っ越しをしてきました。

もちろん、転校には不安もつきまといますが、僕は新しい環境に身を置くということに前向きなイメージを持っています。なぜなら、新しい環境にはたくさんの出会いがあるからです。たくさんの出会いは、いろんな経験をくれますし、人生を豊かにしてくれます。

誠心館でも、新たな出会いがたくさんありました。これからもこの出会いを大事にしていけたらなと思います。

院試に向けて(^^)/

こんにちは、講師の今井です。

皆さんにはあまりピンと来ない話だとは思いますが、大学院試験が近づいてきました。
大学の上に大学院があることはご存知かもしれませんが、大学院に入るためには受験をして受からないといけなく、そのまま進めるわけではありません。(私はてっきり普通に進めるものだと思っていましたが…)

私の学科はまだマシですがひどい所では半分近く院試に落ちることもあるようです。
せっかく希望の大学に進めたのに院試で落ちるという悲しい事態はないように頑張りたいと思います。また、院試の成績によって配属される研究室も決まるのでなかなか油断できないようです。

うちの塾では多くの先輩方が院試を受けましたが、みな無事に受かっています。
大学受験とは異なり、一ヶ月という短い間ですが、誠心館で院試不合格第一号にならないように頑張ります。高校生の皆さんも院に進む人は少ないと思いますが、進むつもりなら院試というものがあると覚えていてください。